日本に住む

最も電気料金が安いのは!?暖房器具8つを比べてみた!

日本のアパートに住む!シリーズのこの章では、家を暖かくするためのさまざまな選択肢と、電気代金の観点から比較します。

エアコン

日本の多くの賃貸物件には、エアコンが取り付けられています。

日本の多くの賃貸物件には、事前に取り付けられた壁掛けエアコンが装備されています。暖房機能を使用するには、暖房(だんぼう)を使用します。エアコンのリモコンの使用方法の詳細については、こちらの記事をご覧ください(日本のアパートエアコンを使用する、エアコンを効率的に使用するためのヒントもあります)。

壁に取り付けられたエアコンは部屋を暖めるのに適していますが、欠点はほとんどありません。1つは、熱い空気が上昇するため、多くの熱が天井の近くに集まる傾向があるということです。これを防ぐには、冬の間は通気口を下に向けてください)。

エアコンは、効率的に使用されていない場合(たとえば、常に電源を切ったり入れたりする場合、エコ設定を使用しない場合、熱風を効率的に循環させるファンがない場合、およびフィルターを定期的に掃除しない場合)、エネルギーを大量に消費する可能性があります。

ある研究によると、暖房機能でエアコンを使用する1時間あたりの費用は  、105Wから1,980Wの間、または2.8円から53.5円の間で変動します。この範囲の上限は、家を暖かくする最もエネルギー効率の悪い方法ですが、下限金額は、以下で説明する他の暖房オプションとよく比較されます。

ハロゲンヒーター

ハロゲンヒーターの例。

ハロゲンヒーターは、電気を使用して熱を生成する暖房器具です。コイルや熱伝導体を介して熱を生成する他の電気デバイスとは異なり、これらのヒーターは、ランプまたは電球に包まれたハロゲン要素を使用して、放射熱またはエネルギーを発します。(出典:naturalinsulation.co.uk)ハロゲンヒーターは、3,000円から4,000円で購入できます。

以下は、さまざまなワット設定でハロゲンヒーターを使用した場合の1時間あたりのコストの内訳です。

次の設定でハロゲンヒーターを使用する平均時間コスト:400W(10.8円)、800W(21.6円)、1,000W(27円)、1,200W(32.4円)。

ファンヒーター

ファンヒーターの例。

ファンヒーターは、ファンを使用して熱源に空気を送ることで機能するヒーターです。これにより空気が加熱され、ヒーターから出て部屋を暖めます。これは、ファンのないヒーターよりも速く、部屋などの囲まれた空間を暖かくすることができます。ファンヒーターのマイナス面は、回転するブレードによって生じる音です。大きな利点は、部屋全体に熱を広げます。

1,200Wのファンヒーターは、1時間に約32.4円かかります。ファンヒーターのコストは、発熱体の種類(加熱コイル、ハロゲンなど)のサイズによって大きく異なります。

セラミックヒーター

セラミックヒーターの例。

セラミックヒーターは、セラミックプレートで囲まれた、または覆われた中央の発熱体を使用して発熱します。周囲のセラミックプレートを加熱し、内部ファンがセラミックプレートからの熱を部屋に押し出します。

セラミックヒーターは一連のコイルを使用して熱を生成するため、ファンヒーターとは異なります。前面にある外部ファンが素早く回転し、加熱コイルから発生した熱を部屋に放り込みます。

セラミックヒーターには、ユニットの電源を切るとすぐに熱が消滅し、すぐに冷却されるセラミックプレートの利点があります。これにより、火傷のリスクが軽減されます。

カーボンヒーター

カーボンヒーターの例。

カーボン(ファイバー)ヒーターは薄く、表面積が広く、より低い温度で加熱されます。カーボンヒーターを使用する利点は、表面温度が低いこと、熱と赤外線の分布が均一であること、および加熱表面積が大きいことです。

石油ファンヒーター

石油ファンヒーターの例。

日本全国、特に農村部で一般的に使用されています。石油ストーブとも言われます。石油を購入する必要がありますが、電気代を下げると言われています。この調査では、高い設定(1,200W)で実行すると、1時間あたりのコストは約32.4円であり、これはその設定のハロゲンヒーターとほぼ同じであることがわかりました。設定が低いほど安価です。中程度の設定(700W)では、1時間あたりのコストは約18.9円、低い設定(500W)では約13.5円です。

灯油ヒーターを使用する場合は、必ず換気してください!これは、空気が循環するように窓を開けたままにしておく必要があることを意味します。煙は有毒です。

ホットカーペット

これは部屋全体を加熱するわけではありませんが、空間を非常に効率的に加熱します。

電気カーペットは、上記の加熱オプションと比較して非常に安価です。2畳サイズの電気カーペットは、高い設定で1時間約9円、中程度の設定で1時間約6.2円かかります。電動カーペットの価格は大きく異なりますが、1枚または2枚のマットサイズのカーペットは、3,000円から4,000円で購入できます。

こたつ

こたつの一例。Photo: Marieve 瑞香 Inoue via Flickr

こたつは、こたつ布団で覆われた低い木製のテーブルフレームで、その下が熱源です。日本の多くの家族が冬に暖かく過ごす方法です。

こたつは、ほとんどの熱が毛布の下に閉じ込められるため、最小限の熱損失で全身を温めます。もちろん、こたつの欠点は、快適になったら、起きたくなくなることです。

こたつはエネルギー効率が非常に高いです。この調査で取り上げたさまざまな加熱オプションのうち、エネルギー節約のためにナンバーワンになりました。こたつは510Wの設定で1時間に約4.6円、低い設定で約2.2円かかります。

オススメの記事:日本のアパートの和室のかっこいいコーディネート

そのほかの人気記事:日本に住む!生活の知恵アイデア

写真クレジット:Flickr経由のtemaki