日本の不動産

首都圏不動産流通・市場動向:2018年度に記録的なペースで成約件数過去最高へ

不動産情報ネットワークシステム(REINS)が最近発表したレポートによると、2018年度(2018年4月1日から2019年3月31日まで)に記録的なペースで首都圏のアパートが購入された。首都圏は東京都、千葉県、埼玉県、神奈川県から構成されています。

昨年の購買を後押しする主な要因は次のとおりです。

これらはレポートからの主要なポイントです:

中古マンション市場 – 記録的な販売契約数

成約数が37,601件で過去最高を記録しました。契約数も2年ぶりに増加しました。

  • 売買契約した1戸当たりの再販マンションの価格は、52万円台となりました。これは6年連続の成長で、6年前と比較して35.4%の増加です。1平方メートル当たり520,000円(4,646米ドル)は、1平方フィート当たり48,309円(432米ドル)に相当します。
  • 平均売買価格は、首都圏全体で3年連続で増加し、3300万円(295,000米ドル)台となりました。
  • 新規売買(売買)件数は5年連続で増加し、20万戸となりました。

予想されるように、地域ごとみると、東京や首都圏の他の地域の平均販売価格には、ばらつきがあります。

  • 東京都:41,620,000円
  • 東京23区のみ:45,020,00円
  • 東京西部郊外のみ:27,100,000円
  • 埼玉県:21,460,000円
  • 千葉県:20,530,000円
  • 神奈川県:28,990,000円
  • 横浜と川崎のみ:32,190,000円
  • 神奈川県その他:20,830,000円
  • 首都圏平均:33,540,000円

詳細は以下の表をご覧ください。

中古戸建市場

  • 売買契約数は2年ぶりに増加しました。
  • 一戸建て再販住宅の平均売買価格は、前年比横ばいの3100万円程度で推移しました。
  • 契約不動産の総建築面積及び土地面積はともに減少しました。
  • 2年連続で新規登録物件数(68,768件)が増加し、調査対象地域ごとに新規登録物件数が増加し、東京23区と西郊外で2桁の増加となりました。

新築戸建市場 – 記録的な契約数

  • 契約数も2年ぶりに増加しました。
  • 新築戸建住宅の平均売買価格は、首都圏全体で3,400万円(2年連続の下落)となりました。
  • 新規登録物件(売却)は3年連続で増加しました。

 

日本で家を買うことについてのQ&A

外国人は日本で不動産を買うことができますか?

はい。国籍や出身国に関係なく、日本で不動産を購入することができます。日本で不動産を購入するための居住要件もありません。居住外国人として融資を確保することはより複雑です。資金調達の詳細については、「日本で外国人として住宅ローンを取得するための基本要件」を参照してください。

日本で外国人として住宅ローンを取得するにはどうすればいいですか。

詳しくはこちらの記事をご覧ください。  日本で外国人として住宅ローンを取得する

日本で家を購入するためのプロセスは何ですか?

詳しくはこちらを見てください:  日本で家を買うためのガイド

借りることができる毎月の支払いを見ることができます:  円住宅ローン計算機

購入手数料および仲介手数料についての情報:  日本の不動産購入手数料および税金の内訳

知っておくべきこと:  日本の地震建築基準法と技術

私の不動産の価値はいくらですか?

株式会社リアルエステートジャパンは、日本国内の不動産所有者に無料で不動産鑑定を提供しています。ここをクリックしてフォームに記入してください 。

日本での不動産購入セミナー

不動産関連セミナーを絶賛開催中です!一部、満席のセミナーもあります。

詳しくはこちら:不動産セミナー

Source: REINS

Lead photo: Azabu Juban shopping street, via Wikimedia Commons