重要事項説明書には、不動産購入前に知るべき事がたくさん書いてあった!

By Jeff Wynkoop

この記事では、不動産を購入する前に知っておくべき重要な情報を紹介します。契約時に取り交わす「重要事項の説明(重要事項説明書)」について分かりやすく説明します。個人によって状況が異なりますので、実際に取引する際には専門家にお尋ねください。

日本で不動産を購入するプロセスについては、「日本での家を購入するためのガイド」を参照してください。

重要事項説明書

重要事項説明書は、売り手が準備する法的な開示文書で、買い手にとって知りたい重要な項目が全て記載されています。

Explanation of Important Matters Sample Japan Real Estate

重要事項説明書のサンプル。

日本の法律では、購入契約書を購入を決定する前に、購入者にわたさなければならない(また、口頭で説明されている)文書です。説明は20から100ページに渡ることもあります。したがって、通常、売り手の代理店がまとめるのにかなりの労力がかかります。

この書類の意義は、法的拘束力のある購入契約を締結する前に、物件購入者が購入するのに十分な情報を持っていることを確実にすることによって、相互間で紛争が発生する回数を減らすことです。

説明書には何が書いてあるの?

契約書に署名する前に物件購入者が知るべき項目が書かれていますが、実際は多くの問題が生じる場合があります。

以下は、そんな問題点の例です。詳細は、日本の不動産投資法律事務所の本を参照してください。

  • 不動産に登録されている住宅ローンなど、不動産の登録が解除され、不動産の売却前に消滅する必要事項がありますか?各国内での土地と建物は、地元の法務局によって維持され、法的利益のための不動産の登録を行います
  • 該当する不動産登記簿に仮登記がありますか?
  • あなたが把握している寸法以外に購入している土地はありますか?土地の領有権(法的権利)に関して、隣人と境界紛争や合意がありますか?
  • 建物を壊し、新しい建物を建てることに法的な制限はありますか?例えば、土地区画が少なくとも2メートル以上道路に接していない場合、合法的に所有者はその土地で再建することができません。
  • 区画整備目的の住宅地にある不動産ですか?それはより多くの工業地帯の境目付近にありますか?非都市化地域の土地であるか(市街化調整区域shigaika chousei kuiki)?原則として、建物には分散がない限り非都市化地域に建物を建設することはできません。
  • 現場に設置されている公共設備、パイプや電線(下水道、水道、ガス、電気)はどこですか?
  • 不動産が集合住宅の場合、管理組合に支払う月額の管理費と修繕費はいくらですか?建物の大規模な改修のための今後の計画はありますか?駐車場を使用する権利はありますか?管理組合の規則に記載されている共通領域に使用制限がありますか?
  • あなたのローンが承認されなかった場合、購入契約を罰則なしでキャンセルすることができますか?
  • 契約が成立しなかった場合、実際にかかったお金はいくらですか?そして返済条件は何ですか?契約が成立するまで他の資産とは別に保持されますか?
  • 購入契約に重大な違反があった場合はどうなりますか?
  • 潜在的な欠陥責任はありますか?不動産に関する保証や保険はありますか?
  • 不動産に壊れた部分(瑕疵)がありますか?過去に自殺したことはありますか?墓地のそばなどですか?
  • その地域に計画されている建物があり、生活に悪影響を与えることはありますか?
  • その土地の元所有者は、印刷会社、ドライクリーナー、農薬、または肥料製造工場を経営していましたか?(これは、現地での土壌汚染の可能性を調べるために重要です。)建物にはアスベストはありますか?
  • 買い手が購買決定に影響を及ぼす可能性があることを合理的に知るべき他の事項はありますか?

購入の前には信頼できる不動産会社や専門家を見つけて、相談してみるのもいいでしょう。

 

こちらの記事もどうぞ:

日本の不動産購入の用語集

日本の家を買うためのガイド

日本の不動産税に関するガイド

日本の不動産を購入する際の購入手数料と税金

日本の住宅ローンのご案内

日本の住宅ローンの金利はいくらか?

 

Photo Credit: haru_q via Flickr