日本のニュース

TATERU、住宅ローン資料の改ざんのため業務停止命令へ

一部上場のTATERUは、融資申込者に対する偽造預金額に関連して、国土交通省による業務停止命令が発行される予定です。

実際よりもはるかに高い預金残高を記録することにより、ローン取引は他の場合よりもはるかに簡単に社内コンプライアンスに合格することができました。

国土交通省は、TATERUにおける全社規模の問題であり、それに伴いこの問題が全国規模にまで及んでいると考えており、同省はこの決定を下した。

国土交通省は検査を実施し、会社の代表者と何度か会合を開いた後、TATERUに業務停止を命じることを決定しました。期間とその他の詳細はまだ完全には具体化されていません。

国土交通省によると、2015年から18年の間に偽造預金額が336件あり、日本各地の10の都道府県で取引があった。TATERUの販売責任者および販売担当シニアアシスタントマネージャーは、偽造の加害者であり、31人のTATERUマネージャーおよび従業員が詐欺に関与していることが判明しました。

昨年9月、TATERUは社外弁護士に内部調査委員会を設置させました。委員会は31人の人々が詐欺に関与していることを見出し(TATERUの従業員のおよそ6%)、そのうち約350人が疑われる事件を特定しました。同委員会は、不正行為は社内の販売目標を達成することを強く推進しすぎたため、会社での新たな社内コンプライアンス機能が崩れ違法行為が発生しました。

これはすべて、最近のスルガ銀行の投資不動産に関するスキャンダルや、日本住宅金融振興機構のフラット35住宅ローンに対する資金調達条件を満たすための偽造を含むスキャンダルの後のものです。

TATERUに関する他の記事はこちらをご覧ください。:東京不動産会社TATERUで蔓延している顧客ローン文書の改ざん(2018年12月28日)

関連ストーリー

News source: Nikkei, June 17, 2019

Lead image: TATERU corporate logo