外国人が日本で不動産を購入するためのプロセスと注意点

:jeff Wynkoop

住宅ローン方法やトラブル回避方法などを伝授します!

ほとんどの点で、日本で不動産を購入するプロセスは、他の国で不動産を購入するのと非常に似ています。しかし、実際のプロセスは不透明で時間がかかる可能性があります。特に、言語レベルが高くない場合には余計に不安になるかもしれません。

このガイドでは、購入プロセスを8つのステップに分けました。

日本で外国人として住宅や投資不動産を買うことを考えているなら、最初の質問は外国人が実際に不動産を買うことができるかどうかです。

外国人は日本で不動産を買うことができますか?

外国人のために日本で不動産を購入することに関する法的規制はありません。外国人は、不動産の購入後20日以内に日本の銀行に書面による通知を提供する責任を負うのみです。

日本で家を買うために市民権や居住ビザさえ持っている必要はありません。ただし、日本で不動産を購入しても、永住ビザを取得することはできません。永住ビザを持っていない、日本人と結婚していない、または少なくとも仕事歴のある日本に居住していない場合は、日本の不動産を購入するための資金を見つけるのは非常に困難です。

土地の所有権に制限はありません

他の多くのアジア諸国やハワイの一部の地域とは異なり、土地の所有権に制限はありません。

日本で家を購入するためのステップ

ステップ1:頭金とローンについて決める

最初のステップは、さまざまなオプションの調査、優先順位の設定、予算の決定から始めます。

土地の区画を購入し、新築、中古、一戸建てを検討する必要があります。

いくら払えますか。

一般的に、日本の貸し手は、住宅ローンの支払いに年間総所得の25%以下程度の資金を提供しています。

税金は購入価格に約6%から7%追加されます。税金問題の詳細については、計画する年間固定資産を含む、日本の不動産税に関するこのガイドを参照してください   。

あなたが不動産を購入するためにエージェントを使用する場合は、支払わなければならない仲介料購入価格の3%(手数料)プラス 6万円プラス消費税(現在8%)。この記事を参照してください:日本で不動産を購入する際の購入手数料と税金の内訳

外国人のためのローン調達オプション

一部の日本の銀行は日本に居住する外国人に貸しています。永住権を持っているか、日本人と結婚している場合は、貸し手から好意的に見られる可能性が高いです。一部の銀行は、日本で長期の実務経験がある場合、または配偶者が永住ビザを持っている場合、外国人に貸しています。あなたが必要とするであろう文書どの銀行が外国人に貸すのかについてはこの記事を見てください。

あなたが非居住者であるならば、日本で貸し手を見つけることは非常に難しいでしょう、しかし、ケースバイケースで対処してくれるかもしれません。

潜在的な資金源に関する情報を集めることから始めましょう。民間銀行と地方自治体の信用組合が、日本の住宅ローンの大部分を担っています。詳細については、これらのガイドを参照してください。日本で住宅ローンを外国人として取得する

固定金利ローンと変動金利ローンのどちらを使用するか、つまり、返済期間全体にわたって毎月の支払いを固定することがどれほど重要かを決定します。金利は歴史的な最低水準にあるため、現在固定金利ローンは日本で非常に人気があります。私は日本で住宅ローンのためどのような金利を得ることができますかについての詳細は、この記事をご覧ください

ステップ2:不動産の比較、内覧

あなたが望む物件の基本的な条件を決定したら、次は実際に購入に向けて行動していきます。これを行うための1つの良い方法は、あなたの希望する近所で比較可能な物件を見つけて、これらの物件に最近支払われた価格について調べることです。

国土交通省には、不動産取引に匹敵する価格を見つけるのに役立つWebサイトがあります。地元の不動産業者はまた、貴重な情報源であるので色々と相談してみましょう。ウェブサイトでご自身でも十分に情報収集が可能です。

多くのオープンハウスに出席し、できるだけ多くの場所を見ることが重要です。現実の感覚を得るために、たくさんの異なる特性、異なるレイアウトなどを直接目にするとより効果的に比較できるようになります。

ステップ3:購入とローンの事前承認

新しいマンションや家を買う

新しいマンションや住宅を購入する場合は 、アプリケーション(購入申込書またはkounyuu moshikomisho)に記入する必要があります。新しい物件については、受け取った申し込みの数によっては抽選が行われることが多いです。

また、通常2万円から10万円の申請料がかかります。申し込みが受理された場合には、このお金はあなたが購入契約を実行する時に支払うであろうお金に割り当てられます。

中古住宅の購入

中古住宅を購入している場合は、販売者に購入証明または開封照会を送信することをお勧めします。理由は、不動産の購入を真剣に検討していることを販売者に知らせるためです。意図の書簡にはたくさんの可能な内容がありますが、その本当の目的はあなたの交渉の出発点として役立つことです。

一部入金する

手付tetsukekinは、買い手の意図の重大さを示すために買い手が売り手に支払うデポジットです。通常、合計購入価格の5〜10%です。通常、取引が完了したときに合計購入価格の一部としてカウントされます。

ローンの事前承認を受ける

あなたが購入しようとしている貸し手と話すことによって、ローン事前承認(または事前スクリーニング)プロセスを始める必要があるでしょう。この時点で、(1)パスポートや運転免許証などの身分証明書、(2)最近の健康診断書、(3)年次納税証明書(源泉徴収票またはgensen choushuuhyou)のコピーを提出するように求められます。。

ステップ4:重要事項の説明を受けて確認する

重要事項の説明(重要事項説明書juuyoujikou setsumeisho「説明」以下)では、法定開示書類です。必要なことや重要なことは全て記載されているので、この説明はしっかりと聞くようにしましょう。

重要な事項の説明日本の不動産の例

「重要事項の説明」文書のサンプル

日本の法律の下では、購入者が購入契約を締結する前に購入者に引き渡す必要があります(口頭でも説明されています)。説明は20から100ページの長さになる可能性があるため、売り手の代理人がまとめるには通常かなりの量の作業が必要になります。説明の理由は、法的拘束力のある購入契約を締結する前に購入者が十分な情報を持っていることを確認することによって、購入者と販売者の間で発生する紛争の数を減らすためです。

重要事項の説明文書の内容の記事

ステップ5:購買契約を実行してローンの申し込みを完了する

購入契約書に署名する

あなたが重要事項の説明の内容に満足したら、それは購入契約に署名する時です。購入契約があなたが売り手と合意したことのすべてを含むことを確認するべきです。

税金に関する考慮事項

さらに、購入が年の半ばに行われる場合は、売り手が不動産を所有する日数に対応する固定資産税と都市計画税の一部を支払うことを、売り手が約束することを確認する必要があります。代わりに、あなたはこれと同じ金額で購入価格を割り引くことができます。

印鑑登録の印鑑を押印

法的効力のある日本の協定に署名するためには、区役所にあなたの名前で合法的に登録したという証拠と共に、あなたは日本語の文字であなたの名前で作られた印鑑を押印する必要があります。

公文書に刻印するための印鑑の例。

支払い残高

手付金とその他の支払額がある場合は、売り手に支払います。

融資申し込みを完了する

購入契約が締結された時点で、すでにローンの事前審査プロセスに合格しており、購入金額全額を支払うための資金が必要な場合は、正式にローンを申し込む必要があります。正式なローン申請プロセスは比較的面倒で、かなりの時間がかかります。平均して、ローン申請を完了するのに約2ヶ月かかります。

ステップ6:ローンを実行し、不動産の最終的なチェックを実行する

銀行がローンを承認したら、実際のローン文書に署名する必要があります。日本では、ローン契約とローンの抵当権(銀行があなたのローンの担保として不動産に対する担保権を有する権利)は、通常、同じ契約パッケージの一部です(金銭消費貸借契約両立権設定契約kinsenshohitaishaku keiyakuていとうけんけつけいやく)。ローンの利子は通常この日には発生しませんが、実際にローンの収益を受け取る時点です。

これは、すべてが計画通りに行われていることを確認するための、施設の最終的な物理的チェックの時期でもあります。購入価格の残高が売り手に支払われると、取引をキャンセルするのは非常に困難になります。これはあなたが取引を完了する前にあなたが意図したものを買っているという安心感を得ることができる最後の機会です。

ステップ7:ローンを受け取り、購入価格の残金を支払い、所有者の変更を登録する

あなたの新しい住居の購入を終えるために、通常売り手と貸し手の代表との正式な会合があります。

あなたはまた、法的登録を変更するために売り手に代わって行動することを販売者によって承認された法的書記人(司法書士shihoushoushi)を提示したいと思うでしょう。法的書記人は、売り手に代わって所有者の登録の売り手から買い手への法的譲渡を完了し、最後の分の予期せぬ抵当またはその他の第三者がないことを買い手に代わって確認する責任を負う人です。

ローンの受領と資産の登録

鍵と居住証明書の受け取り

ステップ8:不動産の譲渡と入居

引っ越してから1年後に日本で確定申告をすることを忘れないでください。税の住宅ローンのローン控除の恩恵を受けることができます。フォローアップ記事では、日本の住宅ローンの控除について説明します。

人気の関連記事:

住宅購入者のための2019年住宅ローン控除の延長とキャッシュバック

借りる派、買う派??

2019年増税による不動産の影響とは??

マイホームより、まずは仕事探しから!!

写真提供:FlickrによるM-Louis