日本の災害

2011〜2018年に起きた豪雨・台風被害のまとめ

最近の記事では、日本の台風の季節に備える方法を説明し、台風は風速が速いだけでなく危険であると述べました。台風の多くの死者は洪水と地滑りによるものです。

2018年に起きた西日本の豪雨被害は、大洪水や地滑りを引き起こし、88人が死亡し、50人以上が行方不明になりました。この現在の災害は、すでに近年で最悪の洪水と地滑り災害の1つと見なすことができます。

日本では大雨や台風による災害の危険性はどのくらいありますか。

日本では毎年大雨や台風による災害が発生しています。国は大陸と太平洋の間に挟まれているので、春と秋の天気パターンは、7月から11月の終わりまで続く台風シーズンによってもたらされた雨に加えて、しばしば大雨をもたらします。

台風が日本に近づいたり上陸したりすると、大雨、洪水、暴風、高潮を引き起こす可能性があります。都市部は河川沿いの急激な水位上昇や道路や地下道の洪水に対して特に脆弱です。丘の中腹またはその近くに建設された山岳地帯や住宅地では、地すべりや土石流が危険をもたらします。

「ゲリラ」豪雨

ゲリラ豪雨(ゲリラごうう)という言葉は日本では非常に激しい雨を表すのに使われてきましたが、これは正式な気象用語ではありません。用語としての「ゲリラの雨」は、その出現と動きを予測するのが難しい非常に局所的な地域での突然の集中豪雨を記述するために日本のメディアによって造られました。

気象庁は、「ゲリラ豪雨」を降雨量を表す用語として使用していません。気象庁は集中豪雨を「局地的大雨」または「短期間の強烈な雨」と表現しています。

近年の大雨による大災害の概要

以下に、過去数年間の大雨と台風によって引き起こされた最も深刻な災害の概要を示します。(被害の規模等は変更になっている場合があります)

台風12号:2011年8月30日〜9月6日:大雨、地すべり、洪水

台風12号では、紀伊半島を中心とした広い地域で1,000 mmを超える豪雨が記録された。

紀伊半島は本州で最大の半島です。和歌山県は南部全域を含む大部分の地域を占めています。和歌山県の北西には大阪府があり、南部は半島にあります。大阪府の東は奈良県です。さらに東は三重県です。画像:ウィキメディア

和歌山県、奈良県、三重県では土砂災害や河川の洪水により72人が死亡、16人が行方不明となった。

和歌山県田辺市の本宮町では台風12号(2011年)による大雨による洪水が発生しました。出典:平成23年台風第12号による災害の記録、和歌山県田辺市

また、四国から北海道まで全国各地で住宅の洪水や農業・林業・水産業への被害が発生しました。

全国で82人が死亡、16人が行方不明、26,102件の住宅が被害を受けた。

2014年7月30日〜8月26日:全国的な大雨

2014年7月30日から8月26日にかけて、台風や暴風雨の激しい猛攻撃により日本中で豪雨が発生し、地滑りや深刻な洪水が発生しました。

8月24日、広島県は大雨による一連の地滑りに見舞われました。76人が死亡した。

広島市八木三丁目地区の一部が地すべりにより破壊された。画像:ウィキメディア

福岡、兵庫、京都、石川県、北海道ではさらに8人が死亡、13,490戸の住宅が被害を受けました。

2015年9月9日〜11日:関東と東北の豪雨

台風や嵐の前線のせいで、西日本から北日本にかけて豪雨が降り、特に関東地方が大雨による被害を受けた。

2015年9月、鬼怒川沿いの豪雨による激しい洪水。出典:国土交通省

関東地方では600 mmを超える雨、東北地方では500 mmを超える雨が降り、9月の月平均降水量の2倍を超えました。大雨で地滑りや洪水が発生し、8人が死亡しました。19,700を超える住宅建築物もまた深刻な被害を受けた。

2016年8月28日〜31日:台風10号による大雨

2016年8月30日、岩手県で台風10号が上陸し、東北地方を通過した後、日本海へと移動しました。この嵐は東北地方から北海道までの広い範囲で大雨を引き起こしました。

岩手県岩泉町の社会福祉ビルの1階が大雨のため洪水に見舞われました。9人の高齢者が亡くなりました。出典:JMA

土砂崩れと洪水の結果、北海道と東北で行方不明者22人、行方不明者5人が死亡し、広範囲に被害をもたらしました。

2017年7月5日〜6日:九州北部の豪雨

2017年7月5日から北部九州(特に福岡県と大分県)で非常に激しい雨が降り、1日当たり500 mmを超える記録的な降雨量に達しました。これが広範囲の洪水と地滑りを引き起こした。

5万人が避難を命じられました。鹿児島県南部地域では、毎時10.1センチの降雨量が記録されています。熊本県の阿蘇市では、土砂崩れが数世帯を埋めました。

2017年7月、福岡県朝倉市の洪水による被害。画像:Peace Winds

福岡県朝倉市では、赤柳川があふれ、洪水で36人が死亡、行方不明になりました。

全体では、県全体で42人が死亡または行方不明です。

情報を入手する

最新の天気情報を常に最新の状態に保つための、英語の情報源です。

  • NHK(チャンネル1と3):必ずしも英語ではありませんが、天気予報には英語の字幕が付いています
  • AFN(Armed Forces Network)ラジオ:定期的な天気予報を英語で提供します。
    • 関東地方で810 AM
    • 長崎と広島の地域で1575 AM
    • 89.1沖縄FM
  • 気象庁のホームページ:地震、津波、洪水、豪雨に関する英語のほぼリアルタイムの最新情報。

気象庁が使用している緊急警報用カラーコード。3つの異なるレベルの警告が、3つの主な気象関連の脅威(津波、地震、および大雨)に対して発行されています。出典:名古屋国際センター

その他の人気記事:地震速報など

上の写真:北部九州における洪水と大雨による被害、2017年7月

出典:日本の内閣府。日本政府広報室; 名古屋国際センター