東京の新築一戸建て、いくらで建てれる?

東京23区での新築木造一戸建ての平均表示価格は、前月比8.5%増となりました。これは、東京カンテイの最近の報告によります。

以下は、首都圏で1月に発売された新築住宅のデータの結果です。

東京で、新築一戸建を買うのにいくらかかりますか?

2018年1月の東京23区の新築住宅の平均表示価格は64,870,000円(603,000ドル)でした。

先月売却された物件の数(73件)は、35.4%減の大幅な減少となりました。対照的に、2017年11月と2017年12月には、それぞれ120件と113件になりました。

東京の新築一戸建ての、1平方メートル当たりの平均価格は?

東京23区の新築住宅の平均価格は664,652円(6,168米ドル)です。これは、前年同期比で12.2%増加しました。

東京の新築一戸建ての、平均的な家の大きさは?

東京23区の新築住宅の平均床面積は97.6平方メートルです。

東京近郊の家は、いくら安くなっていますか?

町田、八王子、府中のような都市を含む東京の西部郊外は、もう少し広く自然に近い一戸建て住宅を買うカップルや家族にとても人気があります。また、市内中心部の価格まではしないで、新宿や東京の西部の電車の拠点への通勤が便利であることも人気の理由です。

東京の西郊外にある新築住宅の平均価格は42,380,000円(394,000ドル)です。これは東京23区の新築住宅の価格の65.3%です。

東京の価格は、大阪と比較してどうですか?

2018年1月の大阪の新築住宅の平均価格は26,710,000円(248,00米ドル)でした。これは東京23区の新築住宅の平均価格の41.2%です。

新築一戸建供給動向

人気の記事;

新築マンション契約者調査

3000万円で買える家とは?