新型コロナウイルス関連ニュース

PCR検査が陰性の外国人、8月5日以降の再入国許可へ

日本の外務省は7月29日、在留資格を有し、新型コロナウイルスのPCR検査が陰性であることが証明された外国人は、2020年8月5日から日本に再入国できるようにすることを発表しました。しかしながら、現在滞在している国または地域が、日本への入国禁止の対象地域として指定された日の前日までに、再入国許可を持って日本を去っていなければなりません。

たとえば、日本で永住権を保持している方(永住者、永住者の配偶者または子供、長期居住者、または就労ビザ、投資家、学生ビザを含む)で、日本を出て米国に滞在した場合、4月3日より前に米国(および他の72か国)が入国禁止リストに追加され、必要なすべての書類(PCR検査の陰性を含む)を提示できる場合、8月5日から日本に再入国できます。


発表によると

「2020年7月22日、日本政府は、在留資格等を有する外国人による日本への再入国を段階的に許可することを発表しました。(注)感染拡大防止のため、「永住者」「日本国民の配偶者または子」「配偶者」の4種類の在留資格により、外国人にも新たな手続きが導入されます。または「永住者の子」および「長期居住者」(これらの在留資格を持たない日本人または日本人の子供の配偶者を含む。以下同じ。)

(注)緩和は、外国人が現在滞在している国・地域が入国許可の対象地域に指定された日の前日までに再入国許可を持って出国した者にのみ適用されます。

現在、国境管理の強化を目的として、特別な事情がない限り、日本への入国を申請する前に14日以内に国/地域に滞在した外国人は、日本への入国を拒否されます。新たな決定により、 2020年8月5日から外国人が現在滞在している国・地域が日本入国許可拒否の対象地域に指定された日の前日までに日本を出国した在留資格者は、再入国が認められています。

再入国の際は、当該国・地域の日本国外から入手した日本への再入国に必要な書類(以下「再入国確認書」といいます)をご提示ください。フライトの出発時刻から72時間以内に実施された、エントリー前のPCRテスト結果の証明書の提示も必要です。再入国の手続きと必要書類についてはこちらをご覧ください  。

「永住者」の資格を有する外国籍の方も、「再入国確認書」および出発72時間以内に実施された入国前PCR検査結果の証明書が必要となりますので、ご注意ください。 日本人の配偶者または子供”、”永住者の配偶者または子供”、“長期居住者”は、2020年9月1日以降に日本に再入国可能になります。

疫病防止の観点から、上記の措置は2020年9月1日より前に一部の国/地域に適用されます。このページの更新を確認してください。


関連記事:入国禁止国の一覧

外務省発表はこちら