データで読み解く:増加している外国人労働者はどの産業が多い?国籍は?

この記事では、熟練した外国人労働者が、どの業界で最も就業する可能性が高いのか、出身国、そして日本の居住地について考察します。

これは、 日本の低技能労働者の不足を軽減することを目的とした入国管理政策の変更に焦点を当てた、新しい特定技能で行ったシリーズの続きになります。大きな変化として、今年4月、日本は何十万人ものブルーカラー労働者がワーキングビザの資格を持つことを許可し始めるでしょう。

しかし、日本の入国管理政策のもう一つの側面は、より熟練した労働者が日本に働きに来て生活するよう奨励することです。昨年、政府は、高度熟練外国人専門家(高度人材)が10年ではなく5年後に永住権を申請するのを容易にする永住権規則の改訂を発表しました。

この記事では、熟練した外国人労働者が、日本で働いて生活する場所を見ていきます。「熟練外国人労働者」は、日本の外国人労働者の地位に関する最新のデータリリースで日本の労働省が使用した定義を、人文科学/国際サービスの専門家、技術者、および専門家ビザを保持する幅広い種類の労働者として定義します。 これは単に「高度に熟練した外国人専門家」(熟練労働者が利用できるビザの1つのステータスにすぎません)に焦点を当てるよりも広い定義です。

この広い定義を使用しても、以下に示すように、熟練労働者は日本の全外国人労働者の約19%しか占めていません。それでは、データを見ていきましょう。

1.全国でどれ位の外国人が働いていますか。

  • 2018年10月末現在、日本で働く外国人は合計1,278,670人です。
  • これは前年同期比18.0%の増加で、過去最高の記録を更新。
  • 2018年には、外国人労働者の数が日本の臨時労働者(臨時雇用機関から派遣された労働者)の数を初めて超えた。
  • 日本の外国人労働者の数は今年4月に新しい特定技能ビザのステータスが施行された後に、大幅に増加すると予想されます。

2.外国人労働者が増えているのはなぜですか。

労働省は、日本で外国人労働者の数を増加させる3つの主な要因があると指摘している。

  • 日本政府は、熟練した外国人労働者および外国人留学生の採用を積極的に推進しています。
  • 労働力の中に、永住者と配偶者の数が増えています。
  • 企業は、Technical Trainee Visaシステムを介して積極的に労働者を採用しています。

3.専門、特殊、技術の各業界で働く外国人の人数は。

  • 専門分野または技術分野および専門分野(人文科学/国際サービスの工学および専門家など)に関連する合計238,412人の人々がいました。
  • 2018年、これらの熟練 労働者は日本の全外国人労働者の18.6%を占めていました。この数字もまた、前年同期比で18.6%の増加となりました。
  • 熟練労働者と見なされているの約75.7%がエンジニアリング、または人文科学/国際サービスの専門家ビザを保有しています。
    • 人文科学/国際サービスの専門家ビザは、「法学、経済学、社会学、またはその他の人間科学分野に関連する知識を必要とするサービスに従事する活動」を対象としています。デザイン、販売、海外事業、情報処理、国際金融、デザイン、または日本の公的または私的な組織との契約に基づく広報および広告。

4.外国人はどんな産業で働いていますか。

全外国人の大半は、以下の5つの業界で雇用されています。

  1. 製造業(30.2%)
  2. サービス業 – 他のサービス業には含まれていない(14.8%)
  3. 卸売&小売(13.0%)
  4. 宿泊施設およびフードサービス(12.3%)
  5. 教育および学習支援(5.1%)

5.最も熟練労働者が多い産業はどれですか。

上記4から、外国人労働者全体の約30.2%が製造業に従事していることがわかります。

専門分野または技術分野および専門分野に関連するビザステータスの保有者のみを掘り下げてみると、これらの労働者の産業間での分布ははるかに均等であることがわかります。

技術的な分野と専門的な分野でビザを持つ労働者を雇用している上位5つの産業は、次のとおりです。(括弧内の数字は、すべての技術的および専門的なビザ保有者の割合としてのこれらの産業の労働者の割合を示します)。

  1. 情報通信(16.7%)
  2. 製造業(15.7%)
  3. 卸売&小売(14.1%)
  4. 教育&学習支援(11.6%)
  5. 他の産業に数えられないサービス産業(10.3%)

(上記の質問4の場合のように)労働省はすべての業界について完全なデータ公開を行っているわけではなく、技術ビザ保有者と、専門ビザ保有者が採用されている上位7つの業界のみを対象としています。

下の表は、技術ビザ保有者と専門ビザ保有者の内訳の詳細を示しています。

6.技術および専門技能ビザ保有者の出身国は。

すべての外国人労働者の出身国は次のとおりです。

  1. 中国(全外国人労働者の29.1%)
  2. ベトナム(18.8%)
  3. フィリピン(11.5%)
  4. ブラジル(9.2%)
  5. ネパール(5.4%)

労働省はまた、G7諸国(カナダ、フランス、ドイツ、イタリア、ロシア、イギリス、アメリカ)、オーストラリア、ニュージーランドの労働者に関するデータも発表した。アメリカ合衆国とイギリスからの労働者のための特別な内訳です。

これに関するいくつかの重要な点は次のとおりです。

  • 中国からの労働者は、日本の全外国人労働者の29.1%および専門/技術/専門ビザ保有者の40.1%を占めています。
  • G7諸国およびオーストラリアとニュージーランドの労働者は、日本の全外国人労働者の5.8%、およびプロフェッショナル/テクニカル/スペシャリストビザ保有者の18.2%を占めています。
  • 米国からの労働者は全外国人労働者の2.5%、専門/技術/専門のビザ保有者の8.2%を占めています。

主要国別の詳細な内訳については、以下の表をご覧ください。

7.技術ビザと専門ビザ労働者は日本のどこに住んでいますか。

日本の全外国人労働者の約30.1%が東京に住んでいます(1,278,670人中394,834人)。

熟練労働者だけに焦点を絞ると、この数字はさらに偏っており、熟練労働者の約51.4%(専門職/技術職/専門家ビザを保持している人として定義されます)が東京に住んでいます。

データからの他の注目すべき点は、愛知県が熟練労働者ビザを保持している外国人の2番目に高い数を持っているということです。これは、愛知県、特にトヨタを中心とした自動車および自動車部品メーカーの集中によるものです。

人気の関連記事:

ビザから読み取る、外国人が日本に住む理由

特定技能とは?

トップの写真:ストックフォト