日本のニュース

楽天モバイル:5,000人限定、無料サービスを提供へ!

楽天モバイルは、携帯電話キャリアサービスの本格的な立ち上げを、2019年10月の予定開始日を2020年春まで延期すると発表しました。楽天の公式な参入は、現在のソフトバンク、NTTドコモ、au KDDIの3大企業が独占している市場での競争の激化が期待されていました。

延期の理由は、モバイル基地局の設置が困難であり、現在のインフラでは大量の通信を処理するには不十分であるという同社の判断によるものです。

その間、楽天モバイルは10月から5,000人に無料の「限定サービス」を提供する予定です。無料サービスプランの詳細は、こちらです。

楽天モバイル「5000名無料プログラムの提供」

今年のモバイルプランの価格が下がった理由

今年、新しいモバイルサービスプランに契約する場合、昨年よりもはるかに良い条件で契約できている可能性があります。日本政府は昨年の秋に、日本の携帯電話料金を40%も下げて、他の国の料金に合わせることができると発表しました。

3つの主要な通信事業者は、低価格のプランを提供し、2年間の契約を締結する必要がなくなったことで対応しました。携帯電話の契約を解約する場合の違約金は、平均で10,000円(95米ドル)です。多くの人々は、違約金を支払う必要がある場合、キャリアを切り替えることを嫌がります。そのため、原則として、契約なしのサービスは価格競争を高めることになっています。ただし、すべての主要通信会社が提供する最も経済的なプランは、2年契約が必要なプランです。

ソフトバンク

ソフトバンクは、データと通話のニーズが限られている人々のために、より安価なオプションを大手で初めて導入した最初の会社です。

ソフトバンクの通話+データプランの価格は   、2年間のプランにした場合、1か月あたり約3,980円から8,980円(約37米ドルから84米ドル)の範囲です。さまざまなソフトバンクプランの詳細については、ソフトバンクの価格プランに関する記事を参照してください。

NTTドコモ

NTT Docomoの通話+データプランは、2年間のプランにした場合、月額約2,980円から6,980円の範囲です。

au KDDI

au KDDIの通話+データプランは、2年間のプランにした場合、月額約4,980円から10,000円の範囲です。

楽天モバイル

楽天モバイルでは、ホームページで「無制限データ」(最大2GB)と通話を月額1,480円で提供していますが、「楽天会員」になる必要があります。詳細については、公式サイトをご覧ください。

実際に購入を検討する場合には、直接各キャリアのショップや量販店などで見積もりをしてください。ただし、プランの詳細には多くの説明事項があり、日本人でも理解できないほど複雑なものもあります!

携帯を買う前に・・・

知っておくべき最も重要なことの1つは、通話とデータのニーズです。大量の動画視聴やダウンロードを行う場合は、使い放題プランがおすすめです。これらは通常、1か月に最大約30 GBの「無制限」データを提供します。

使用するデータが非常に少ない場合を除き、最低価格のプランは最適なオプションではない場合があります。これは、利用頻度が少なく、限られたデータ(月に1 GBなど)を提供するためのものです。

多くの割引もあります。最も一般的なのは、2年間の契約、複数回線割引(家族の複数の人が同じキャリアに申し込む場合)、学生割引、モバイルキャリアを自宅の固定回線インターネットに利用するための割引、および年間を通して提供される季節割引など。

政府が料金プランを簡素化するために通信会社を催促しているにも関わらず、プランの詳細は、(日本語でも!)本当に混乱し、細かい活字でいっぱいです。無駄な出費をしないように気をつけてください!


人気の関連記事:

日本での携帯電話契約の違約金

日本で携帯電話を入手する  :2019年には価格が下がりそうです。知っておくべきこと

ソフトバンクの価格プランの説明

日本で携帯電話を使用する方法  :JP Smart Simで