日本のニュース

東京都内の飲食店・9月1日から『喫煙・禁煙』の提示を義務化

東京都は、9月1日から受動喫煙を防ぐために、都内のすべての飲食店で、敷地内で喫煙の可否を示すステッカーや標識を掲示するよう要求します。また、9月から、すべての学校と保育園は完全に禁煙にする必要があります。

これらの変更は、東京2020年オリンピックの開催前に公衆衛生とホスピタリティを促進するための段階的な措置を義務付けている東京都受動喫煙防止条例に基づいて行われています。

喫煙は多くの先進国に比べ日本では流行しており、昨年7月の受動喫煙条例の通過は、レストランやバーで自由に喫煙できていた人々にとって大きな変化を示しました。

これからも飲食店で喫煙できますか?

はい、喫煙可能な飲食店で喫煙できます。

また、別に喫煙室を設けた「禁煙」レストランの指定された喫煙室で喫煙することもできますが、喫煙室で食事をすることはできません。

首都圏の大型飲食店では喫煙は禁止されます。

葉巻バーとスナック  (スナック)(100平方メートル未満の小さなレストラン)は、タバコが販売されているため、規制から免除されています。したがって、バーでは今後も喫煙することができます。

条例は他の場所での喫煙も規制しますか?

はい、条例は大学、学校、病院、および管理事務所も対象としており、段階的に展開されています。

2019年7月1日から

7月1日から、東京都内のすべての学校、病院、行政で喫煙が完全に禁止されましたが、指定された喫煙エリアはこれらの施設の外に設置される場合があります。

2019年9月1日から

9月1日から、すべての保育施設、保育施設、幼稚園、小学校、中学校、高校での喫煙が完全に禁止されます。学校の近くの喫煙場所も許可されません。

上記のように、レストランでは、敷地内で喫煙が許可されているかどうかを示すステッカーまたは標識を掲示する必要があります。

2020年4月1日から

上記の対策の完全な実施が必要です。

路上喫煙

東京の多くの区は、公道を歩いている間はすでに喫煙を禁止しています。

執行

規則を繰り返し順守しない飲食店所有者には、最高50,000円の罰金が科せられる場合があります。


Lead photo: No smoking sign posted at the entrance to a restaurant via BigFunTrip