写真で見る新宿の今と昔:「新宿」の名前の由来は?

新宿は東京の23区の1つであり、世界で最も忙しい駅であり、日本の最も重要な商業および行政の中心地の1つです。

高層ビル

日本の40階以上の高さのある建物のうちの11は、西新宿に位置していて、しばしば都市や国全体の経済の象徴と言われることもあります。

日本では、新宿の超高層ビルの街並みはニューヨークのマンハッタンとよく比較されます。そのため、この地域は洗練された都市、そして国際的なものすべてと関連しています。

新宿スカイラインナイト

夜の新宿高層ビル。左手に新宿パークタワービルがあり、新宿で2番目に高いビルです。39〜52階は、映画「Lost in Translation」(2003年)の舞台となった高級パークハイアットホテルが占めています。写真提供:Flickrの細島崇。

2011年の東北地方の太平洋沖地震(マグニチュード8.9)が襲った時、新宿の高層ビルのほとんどは高さ30階以上で、揺れて葦のように曲がっていましたが、落ちませんでした。このように、新宿の超高層ビルはまた、耐震性と耐震設計およびエンジニアリングにおけるそのリーダーシップを持って、国の回復力を象徴するようになりました。

西新宿の高層ビルは象徴的であり、1970年代初頭までは高層ビル街の170ヘクタールの敷地には建物がほとんどありませんでした。大きな浄水場があったとは想像できません。

ヨドバシ浄水場は約170ヘクタールの敷地を占め、現在は新宿の高層ビル街です。 写真の右端には東京ガス株式会社のガソリンタンクがあります。写真は1962年頃のものです。

淀橋浄水場は約170ヘクタールの敷地を占め、現在は新宿の高層ビル街です。写真の右端には東京ガス株式会社のガソリンタンクがあります。写真は1962年頃のものです。

 

近代西新宿。 新宿パークタワービル

今の西新宿。右は新宿パークタワービルの3つの塔で、前の写真で東京ガスのガソリンタンクが占めていた土地を占めています。

新宿の原点は、「新たな宿舎地帯」名前の由来に。

新宿の漢字はその指す「新宿」を意味します。起源は、旅行者のための一時的な休憩所として江戸時代初期(1603年から1868年)に栄えた「新しい宿」です。

幕府が江戸(東京の旧称)に設立された翌年の1604年に、日本橋を起点として5つの主要道路が設立され、各道に沿って旅客サービスを提供するための旅館が配置されました。

甲州街道に沿って日本橋から甲府(現在の山梨県)まで行く旅行者は、どうやら最初の旅館、高井戸にたどり着くのに苦労しました。現在、京王井の頭線の高井戸駅は、渋谷から約8.7kmです。

江戸から現代の長野まで広がる甲州街道沿いの旅館の地図。 最初の「役職」は日本橋、2番目の役職は「内藤新宿」です。 画像のソース:https://markystar.wordpress.com

江戸現代の長野まで続く甲州街道沿いの旅館の地図。右から最初の投稿は日本橋、2番目は内藤新宿、そして3番目は高井戸です。画像のソース:markystar

 

1910年頃の甲州街道を歩いている人。写真提供:chofu-nazotoki.sakura.ne.jp

1910年頃の甲州街道を歩いている人。写真提供:chofu-nazotoki.sakura.ne.jp

 

甲州街道に続く国道20号線を見下ろす新宿パークタワービルの景色。 出典:ウィキメディア・コモンズ。

甲州街道に続く国道20号線に沿って見た、西新宿の新宿パークタワービル。出典:ウィキメディア・コモンズ。

甲州街道沿いの困難な旅を緩和するために、日本橋と高井戸の間の途中に、新しい宿を置くことが承認されました。

宿舎は土地を幕府に戻した内藤藩の所有地に置かれていたので、宿が新築されて以来、内藤新宿と呼ばれていました。内藤新宿は、江戸時代の主要な交通機関の中心地であり、この地域の宿で働く多くの女性たちとともに成長しました。

内藤新宿は、江戸時代の主要な交通機関の中心地であり、この地域の宿で働く多くの奉仕の女性たちのために、喜びの地区にも成長しました。 出典:www.youtube.com/watch?v=rwBD7m80LX8からの静止画キャプチャ

出典:wwwからの静止画キャプチャユーチューブコム見るrwBD7m80LX8

内藤新宿は、現在新宿御所前国立公園と北に接している新宿1丁目から、JR新宿駅の東側にある多くのデパート街に位置していました。丸井や伊勢丹などの商店街、山田電機やヨドバシカメラなどの電機大手、そして紀伊国屋本店です。

 

新宿三丁目にある伊勢丹デパート。 出典:ウィキメディア・コモンズ。

現代の伊勢丹デパート新宿三丁目。出典:ウィキメディア・コモンズ。

やがて「内藤」は指定から外れ、その地域は単に新宿として知られるようになりました。

内藤卿も近くの広い土地を所有していました。今日は東京で最も広々とした趣味の良い庭園の1つである新宿御苑です。

新宿御苑前国立庭園 出典:ウィキメディア・コモンズ。

新宿御苑前国定庭園は、かつて内藤卿に属していた土地を占めています。出典:ウィキメディア・コモンズ。

淀橋

明治初期(1868年 – 1912年)から1965年までの西新宿は、1886年のコレラの流行後の近代的な給水のために1898年に建設された淀橋浄水場の場所でした。

西新宿駅の面積は淀橋として知られるようになりました。高台(山手)と東京の下の低地(下町)を隔てる高台に位置しています。西新宿は大正時代(1912-1926)には田舎でした。

新宿駅の西側はヨドバシとして知られていて、1923年の関東大震災の後まで田舎でした。写真提供元:Oldtokyo.com。

新宿駅の西側は淀橋として知られていて、1923年の関東大震災の後まで更地同然でした。写真提供元:Oldtokyo.com

エレクトロニクスチェーンのヨドバシカメラ西新宿店。 写真提供:FlickrのDick Thomas Johnson。

ヨドバシカメラの西新宿店。写真提供:FlickrのDick Thomas Johnson。

新宿が新しい都心に

1923年の関東大震災の後、新宿は現在の形に発展し始めました。西新宿は地盤的に安定した地域であり、大部分は荒廃を免れました。地震の後、丸の内、日本橋、銀座から多くの企業が移転し始め、より安全な場所になり、街の拡大する地域に近くなりました。

新宿駅は、東京の西側で増加している車両と旅客の交通に対応するために建設され、1925年までに東京で最も使用されているターミナルとなり、現在でもそのタイトルが保持されています。

新宿駅東口、1925年頃。出所:OldTokyo.com

新宿駅東口、1925年頃。出所:OldTokyo.com

現代の新宿駅東口。

現代の新宿駅東口。

1930年代初頭までに、新宿はデパート、映画館、そしてカフェが集まる賑やかな地域でしたが、第二次世界大戦が近づいていました。

1933年頃の新宿。出典:ウィキメディア・コモンズ。

1933年頃の新宿。出典:ウィキメディア・コモンズ。

第二次世界大戦の余波で

新宿は、東京の爆撃が街全体にもたらした荒廃から免れられませんでした。新宿区役所の「新宿の歴史」には、次のように書かれています。

「1945年の5月から8月までの東京エアレイドは都市を変革しました。戦前の新宿駅、四ツ谷、神楽坂、高田馬場の繁華街は単なる焼畑となり、市街地の大部分が焼失した。戦前の旧3区には63,295棟の建物がありましたが、戦時中の避難と被害で56,459棟の建物が失われ、6,836棟しか残っていませんでした。また、戦前の人口は約40万人でしたが、終戦時には7万8000人に減少しました。」

「新宿商業地区の火事からの荒廃」1945年3月9日から10日にかけての米国空軍による東光の爆破事件の影山光洋による写真。 写真源:ミード美術館

「新宿商業地区の火事による荒廃」1945年3月9日から10日にかけての米国空軍による東光の爆破事件の影山光洋による写真。写真源:ミード美術館

日本の地理情報局が撮ったこの航空写真は、新宿駅の西側の地域がほぼ完全に破壊されたことを示しています。 1945年から1950年頃の画像。

日本の地理情報局が撮ったこの空中写真は、東京消防隊による新宿駅の西側の地域のほぼ完全な破壊を示しています。1945年から1950年頃の画像。

急成長

1955年から1961年の間に、日本は急速な経済成長の時代を経験しました、そして1960年代までに、国はもう一つの高成長の10年、「ゴールデン60年代」に入りました。1980年までに、名目GDPは記録的な1兆6,500億ドルに急上昇しました。

60年代に、政府はまた、丸の内、日本橋、銀座周辺の都心の伝統的中心部から圧力を取り除くために、東京の商業拠点を分権化することを決定しました。市の中心部を取り囲む主要交通機関には、代替の商業センターや新しい市内中心部が計画されていました。

新宿はこれらの新しい地区の中で最大級の都市になりました。都市計画担当者は、真っ直ぐな広い通り、オフィスタワー、国際的なホテル、そして歩行者専用の通路の計画を慎重に立てました。

1958年頃の新宿の伊勢丹デパート。写真ソース:bluebell group.tumblr.com

戦後高度経済成長期の1958年頃の新宿の伊勢丹百貨店。写真提供:ブルーベルグループ。tumblrが。コム

 

伊勢丹百貨店のモダンビュー。 写真:FlickrのSu Yin Khoo。

伊勢丹百貨店のモダンビュー。写真:FlickrのSu Yin Khoo。

1970年代:超高層ビルブーム

西新宿は1970年代から始まりました。

ウィキペディアが説明しているように、超高層ビルは日本では比較的最近の現象です。建築基準法は1963年までの絶対高さ制限を3163(約101フィート)に設定していました。その制限はフロア面積比のために廃止されました。

これらの建築規制の変更により、霞ヶ関ビルは1968年に完成しました。日本初の近代的な高層ビルで、高さ36階、高さ156メートルです。

この記録は、1971年から1979年の間に西新宿に建設された7つの高層ビルすべてによってすぐに抜かされました。

京王プラザホテル、新宿初の超高層ビル、日本初の高層ホテルは1971年6月に完成しました。ノースタワーの建築上の高さは178メートル(約584フィート)、地上47階です。サウスタワーは1980年に建てられ、140メートルの高さがあります。

ヨドバシ浄水場は近代西新宿の敷地内にありました。 写真の中にはまだ完成していないKeio Plaza Hotelがあります。 1971年7月23日に撮影された写真。出典:東京都

大型浄水場は近代西新宿の敷地内にありました。写真は、西新宿初の超高層ビル、日本初の高層ホテル、京王プラザホテルです。1971年7月23日に撮影された写真。出典:東京都

西新宿の今

日本の地理空間局の写真が提供する最新の航空写真では、西新宿は次のようになります。

以前は東京の主な浄水場が占めていた地域から、西新宿は日本の高層ビル街に成長しました。 写真:日本の地理空間局

以前は東京の主な浄水場が占めていた地域から、西新宿は日本の高層ビル街に成長しました。写真:日本の地理空間局

この記事の冒頭で述べたように、日本の40階以上の高さを誇る11の建物は、現在西新宿にあります。

次回、フォローアップの投稿では、西新宿の成長を10年ごとに見ていくことにします。

人気記事:

新宿へ30分以内の安いお部屋

西新宿、エリアガイド