日本のニュース

無印良品も販売している「タイニーハウス」とは?

東京ビエンナーレ2020のベントの1つとして、11月2日土曜日から11月4日月曜日まで、東京都豊島区の南池袋公園で小さな家の展示とトークが開催されました。トレーラーで輸送できるのは、400平方フィート(37.2平方メートル)以下の面積の住居です。

この小さな家は、先進国での国際的な「より小さく、より持続可能な」生活運動の一環として、ここ数年で日本でも広まりつつあります。小さな家の生活の支持者は、それが環境的、経済的、社会的に理にかなっていると言います。

多くの都市部の居住者が20平方メートル(215平方フィート)以下の生活空間で暮らしているため、小さな家で小規模なライフスタイルを意図的に選択する人がいます。

Tiny House Festivalで展示される小さな家の1つ。画像:伊藤恵子

このイベントの主催者は、日本全国から15の小さな家の集まりを見に来て、小さな家の動向についてもっと知ってもらえるように一般の人々を招待しています。

タイニーハウス展

Tiny House Festivalで展示される小さな家の1つ。画像:SANPO Inc.

場所: 東京都豊島区南池袋公園

最寄り駅: 池袋駅、東口から徒歩4分

イベン内容:

3日間パスまたは1日間の体験チケットを使用すると、建設中のトレーラーハウスを含む、展示されている15の小さな家すべてに入ることができます。

また、小さな小屋を建ててペイントする方法を学ぶワークショップがあり、週末を通して「エネルギーと小さな家」、「新しい生活様式と小さな家」、「新しい建物と小さな家の作り方」など。すべてのイベントと講演は日本語で行われます!

タイニーハウスの予算は?

今週末に展示される小さな家の一つ。画像:ヴァンアテーブル

Hokuou Lifeによると、小さな家を建てる費用はもちろん、種類、建設資材、サイズによって異なります。

配管が装備された輸送用コンテナで建てられた家は、300万円から400万円(27,500ドルから36,700ドル)の費用がかかります。

6.9平方メートルの本当に小さな4.5 畳:日本の単位)家は約100万円かかります。

9.2平方メートルの6棟の家は、約150万円かかります。

日本には、自分の小さな家を建てるためのDIYキットもあります。7〜9平方メートルの家の場合、これらの費用は700,000〜900,000円です。

比較のために、東京の中古マンション平均上場価格は、 2019年上半期で過去最高の50,270,000円(465,600ドル)に達しました。


人気の関連記事:

リード写真:ダンネッツ(断熱)タイニーハウス

出典:Tiny House Exhibition 2019プレスリリース(日本語)