日本に住む

富裕層が多い街ランキング:東京とロサンゼルスが同率で2位に!

The Wealth Report 2020によると、東京とロサンゼルスは、富裕層の人口が最も多い世界100都市のランキングで同率2位になりました。1位はニューヨークでした。

世界的な不動産コンサルタント会社であるナイトフランクによるランキングは、都市富裕指数をまとめたものです。これは、労働、生活、投資するのに最適な都市を評価することを目的としています。 超富裕層(UHNWIs)とは約30億(3,000万米ドル)を超える純金融資産を保有する人を指します。

毎年、ニューヨークとロンドンがトップの座を争い、実際、総合ランキングでは、ニューヨークが総合トップの座を獲得し、ロンドン、パリ、香港、ロサンゼルスが上位5都市を締占めています。トップ20では、北米が8都市でリードし、アジアとヨーロッパが5都市で続いています。

全体的な都市ランキングは、豊かさ、投資、ライフスタイルのカテゴリーで構成されています。

豊かさのカテゴリでは、都市に住む主たる住居を含めて純資産が約1億(100万米ドルを超える人、HNWIs)の数を調べます。このカテゴリでは、ニューヨークが最も多かったです。

UHNWIとHNWIの両方を数えると、ニューヨークが1位、東京とロサンゼルスが2位、パリが4位になります。

報告書は、コロナウイルスのパンデミックが封鎖中に都市から離れ、人々がより多くのスペースを求めて離れるのを見たが、その傾向は少なくとも金持ちにとっては一時的なものであったと述べました。

豊かさ、投資、ライフスタイルの提供などの要因は、依然として大部分が都市を好む超富裕層を意味すると述べました。

投資カテゴリーでは、レポートは各都市の不動産への民間投資のレベルと多様性に注目しています。全体として、ニューヨークがこのランキングをリードし、ロンドンがそれに続きます。量だけでも、北京は420億米ドル以上でトップに立っています。ただし、投資家の多様性(投資する国籍の数で測定)では、ロンドンが1位です。

2020年のレポートでは、都市に本社を置く世界のトップ企業の数の観点から都市の力も評価されました。この基準では、フォーブス2000企業の数が最も多い東京がリードしています。

ライフスタイルランキングでは、個人が各都市を訪れて居住することを奨励する主要な贅沢措置に注目しています。これらには、高級ホテルやレストラン、一流大学の質と数、そして初めての接続性のレベルが含まれます。

「接続性」を測定するために、レポートは、各都市の主要空港がサービスを提供する目的地(国内および国際の両方)の数をカウントしました。ヨーロッパの都市が独占しており、ロンドン(392か所)が最も接続されており、パリ(320か所)とフランクフルト(302か所)がそれに続きます。いずれの場合も、これらの空港のかなりの割合が国際的空港です。全体として、ロンドンがこのカテゴリーでトップの座を占め、パリスがそれに続きます。


出典:ナイトフランク、ウェルスレポート2020(PDF)、Yahoo Sports News

リード写真:iStock