市場動向

首都圏マンション市場動向:供給数、平均価格ともに増加

東京で販売された新築分譲マンションの平均価格は記録的な水準近くに達し、開発者は1億円以上の高級マンションの提供を大幅に増やしました。

これは、不動産経済研究所の報告書によると、2017年に首都圏で発売された新築マンションの平均価格は、5,980万円(5億3500万ドル)に急上昇したとのことです。前年比7.6%の増加、1990年以降(資産バブル期中)の最高水準。

バブル時代とは異なり、劇的な値上げは東京都心部や主要鉄道駅の近くの再開発プロジェクトに集中しています。

昨年の首都圏での売り上げは35,898件で、前年同期比で0.4%の微増となり、4年ぶりに増加しました。特に東京の東部と北部では、マンションが売りに出されていました。

このデータは、東京とその周辺の千葉県、埼玉県、神奈川県を含む首都圏での売り出し物件についてです。

強気か弱気か

契約率(売却数に対する売却戸数の比率)は68.1%で、首都圏では70%のベンチマークに達していません。70%という数字は、弱気相場と強気相場の境界線と見なされます。首都圏の東京では、過去2年間の契約比率は60%代の間でした。しかし、都心部と神奈川県では契約率が70%を超えた。

東京都および埼玉県の郊外地域における契約率は50%から60%の間であった。潜在的な買い手が彼らの手の届かないところに価格を求めることを発見したと考えられています。

高級マンション数の急増

データから得られる1つの重要な点は、1億円(9万7000ドル)以上で提供されているユニット数です。

東京都心や横浜など人気のエリアでは、1億9千2百万円以上の価格で1,928件が販売されていました。これは前年同期比で52.4%の増加です。

前の記録は1990年に設定され、この時点で3,079件が発売されました。

出典:不動産経済研究所

最高値の高級マンションは?

2017年に販売された最も高価なユニットは、パークコート青山ザタワーであり、価格は15億円(1360万ドル)でした。234.04平方メートルの占有スペースで、このユニットは1平方メートル当たり6,409,000円で売れました。

パークコート青山ザタワーは、今年完成する東京都心で最も豪華な高層マンションの1つになる予定です。総面積163戸の26階建ての建物は、青山一丁目駅の近く、港区南青山の一等地に位置しています。床から天井までの窓、ジェットバス付きのインフィニティプール、映画上映室、25階のスカイラウンジなど、最高級の設備が整っています。

都心中心部での土地争奪戦

高価格帯の急増の背後にある原因の1つは、開発者がホテルや他の事業と土地の競合をしなければならない、東京都心部周辺地域の土地のための厳しい競争です。

開発者は2018年に販売のための約38,000の新しい物件を解放することが期待されています、そしてそれは5.0%の前年比の増加に匹敵します。

上の写真:パークコート青山ザタワーの外観のCGIレンダリング

人気記事:

2018年市場動向

2019年の市場トレンド

2018年ハウスオブ・ザ・イヤー受賞の家