東日本大震災から8年!建物の耐震性に影響を与える3つの要因

By Jeff Wynkoop

日本のほとんどの購入者は、家を購入する前に地震リスクを評価することの重要性を認識しています。2011年3月11日の出来事と2018年6月18日の大阪での地震が、再び私たちに示したように、日本は自然災害の国であり、地震(そして結果として起こる津波)は日本の住宅所有者にとって重大な危険を表しています。

3つの異なる建築基準

日本で中古マンションを購入するときは、最初にいつ建物が完成したかどうかを知ることが重要です。

  • 1981年以前
  • 1981年から2000年の間
  • 2000年以降

これが重要なのは、1981年から2000年にかけて建築基準法が大幅に変更されたためです。2000年以降に完成した住宅は、1981年から2000年の間に完成した住宅よりも厳しい建築基準に従います。

1981 – 83年に竣工した場合は、1981年6月1日以降に竣工予定日の建物のみを対象とするため、必ず建築計画の認定申請日(建築確認申請受付日)を確認してください。より厳しい建築基準法の対象となります。プロジェクトの規模などにもよりますが、通常は申請日から1〜2年以内に建物が完成します。建物の建築完成日を確認してください。

日本の地震建築基準法の詳細については、日本の地震建築基準法と技術を参照してください。

建物の耐震性に影響を与える3つの主な要因は何ですか?

新築住宅と中古住宅の両方の市場がこの5年間で急成長しており、手ごろな価格の物件はますます少なくなっています。これはより多くの住宅購入者が1981年以前に建てられた不動産の購入を検討するようになりました。

住宅購入者はこれらの建物の地震の危険性をどのように理解することができますか?1981年以前に建てられた建物はすべて地震の際に大きな被害を受けやすいのでしょうか。1981年以降の住宅は地震リスクについて常に1981年以前の住宅より優れていますか?

建物の耐震性を評価する場合、3つの主な要因があります。

  1. 建物自体の設計から生じる構造抵抗
  2. 技量のレベル(建設欠陥の有無)および/または建設中の低性度または欠陥のある材料の使用
  3. 建設および/または改修の完成以来、建物内の損耗のレベルの評価を含め、時間を超える建築物の維持管理の体制

1981年以前に建てられたすべての建物は、新しい建物よりも耐震性が劣りますか。

1981年以前に耐震性を念頭に設計および建設された建物がたくさんあることを知っておくことは重要です。

設計および建設に加えて、建物が長期間の保守戦略に従って何年にもわたり定期的に保守および修理されている場合、その建物はすでに1981年以降の建築基準を満たしている可能性があります。経験則として、場所、デザインなどにもよりますが、1981年以前の住宅は10年後、あるいは20年後に建てられた住宅と同じくらい耐震性があります。

私が何年も前に大阪でホームステイをしたとき、私はその独立した家が彼らのために設計され建てられた家族と一緒に住んでいました。私のホストファーザーは、巨大な柱が家の下に置かれたことを教えてくれました。事実、1995年の阪神大震災の間、豊中の家は揺れました(私の机の上の本はすべて地面に投げられました)が、ほとんど被害はありませんでした。その間、ほんの2ブロック離れた古い家屋があり、それらは完全に破壊されました(基本的に巨大で重い瓦屋根の古い木造建築物)。

#1建物のデザイン

一般的に建物の設計をチェックする最も簡単な方法は、建設設計図のコピーです。しかし、問題は、売り手が、特に古い建物については、建築設計図のコピーを持っていないことが多いということです。この場合、あなたは地方自治体の事務所に尋ねる必要がありますが、建築設計図は常に利用可能ではありません。住宅検査を発注して、住居の購入を検討する際に検討できるいくつかの要因があります。

a。壁の数と位置

耐震性は、最初の水平方向の地震衝撃に耐えることを含みます。外部からの力に耐えるためには、住居の壁の数と位置を考慮する必要があります。建物内の壁のバランスを考慮することも重要です。片側に多くの厚い壁があり、もう片側に少数の薄っぺらな壁しかない場合、建物に対する全体的な影響は不安定になります。

b。建物と土地の小区画上の建物

土地の小さな区画上の建物は、住みやすいスペースを確保するために、家の中の壁のサイズと数を減らすように設計されていることがよくあります。これは特に正面に駐車スペースがある小さな建物に当てはまります。建物と入り口の面積は小さいが土地の区画が大きい場合は、通常、建物は駐車スペースを別のエリアとして設計されます(つまり、住居からスペースを取りません)。いずれにしても、駐車スペースに面している壁が十分にあることを確認してください(より多くの駐車スペースを確保するには、壁が非常に薄くなっていますか?)。

c。角にある窓

構造の隅にある窓は、一般的に構造的完全性の低下につながります。出窓を持つ建物は、それほど頑丈ではありません。

d。天井の高い内部階段と部屋

天井の高い部屋がある家、例えば、くぼんだ居間がある家は、一般に水平方向の衝撃にはあまり耐えられません。内部の階段もあまり安定していません。原則として、床板に破損があると耐震性の低い建物になります。

e。狭い土地に建てられた古い木造の3階建ての建物

古くて木造の3階建て住宅の購入者は、最も欠陥のある問題にぶつかる傾向があります。これは単なる逸話的観察であり、すべての場合に当てはまるわけではありません。新しい3階建ての家は地震の完全性のために必要とされる特別な設計そして注意で造られます。1981年より前に建てられた、たくさんの突き出たコーナーウィンドウ、たくさんの内部の階段と高い天井がある、狭い敷地の上に幅の狭い古い木造の3階建ての家を見つける場合は、住宅検査の手配をすることは意味があります。

f。家の物理的な場所

家は危険度の高い地震帯にありますか?以下のリンクは、潜在的な自然災害リスクに関する政府の公式評価を提供するサイトです。

地震リスク

Tokyo Metropolitan Area earthquake assessment risk by city and town (Japanese)

What is the probability of an earthquake striking your neighborhood in Japan? (English)

洪水ゾーン

Is the building in a flood zone? (Japanese)

液状化リスク

建物は既知の液状化リスク区域にありますか?液状化とは、地震の間に土壌が「液体のように」なること(通常は埋め立て地)を意味し、多くの場合、著しい人命と財産の損失につながります。

首都圏液状化予測 

g。地盤

建物は、土や土が固い町の一帯にありますか。それほど固くない土地は、地震の力をより直接的に上の建物に伝えます。国土地理院は、 全国マップを公開しています。 隆起エリアは洪水や液化にくくなります。ただし、高地の盛土(盛土)にあると指定された建物はあまり望ましくありません。

#2出来栄えと建築欠陥の有無

あなたが不動産の設計の見直しに満足したら、次に建設欠陥の有無について学ぶことが重要です。簡潔に言うと、その資産は設計計画に従って建設されたのでしょうか。建築時に使用した材料は最高級でしたか。構造上の欠陥は通常見つけるのが容易ではなく、ほとんどの購入者はこのレベルのレビューのために、不動産専門家による住宅検査を手配する必要があるでしょう。売り手の代理人は、何人かの家の検査官の名前をあなたに提供しますが、売り手の代理人と検査官の間の利益の潜在的な衝突を避けるために、買い手が独立して家の検査官を見つけて雇うことを強く勧めます。

#3長期にわたる修繕が必要なレベル

建物の外観や目視できる修繕箇所を探すことは容易です。ただし、建物内の構造上の欠陥の存在レベルを理解するのと同様に、実際の損耗の相対的なレベルを理解するためには、住宅検査を実施する不動産専門家を雇う必要があります。たとえ不動産がよく設計されていて、高級建築資材を使用して慎重に建設されたとしても、建物は時間とともに劣化して壊れてしまいます。定期的なメンテナンスプランがないと、最高の物件でさえもすぐに望ましくないものになります。


 


Please enable Javascript to send comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.