外国人が入居審査で拒否される理由トップ5

この記事では、日本の家主が外国人の入居者からの申請を拒否する主な理由について説明します。そして、どのようにアプローチすれば、あなたが望むアパートに入居できる可能性を高めることができるかアドバイスします。

理由1.あなたが外国人だから…住宅の差別

これは、まだある代表的なお話として、外国人に対する住宅の差別が存在します。

たとえあなたがアパートの完璧な候補者であったとしても、日本人ではないという理由だけで家主はあなたを拒絶するかもしれません。合法ではありませんが、起こりえることです。

2016年、日本の法務省は、日本に住む外国人に対する差別の全国調査を初めて実施しました。この調査では、過去5年間に賃貸住宅を探していた人々のうち、約39%が、外国人であるという事実に基づいて彼らの申請が却下されたと報告しています。52%が、国籍に基づいて住宅を拒否されたことは一度もないと答えました。

別の質問では、約27%の回答者が、興味のある物件の看板に「外国人お断り」(gaikokujin okotowari)と表示していたため、アパート検索をやめたと回答しました。

調査の詳細については、以下を参照してください。日本における外国人に対する住宅差別に関する調査

残念なことに、家主や不動産管理者は、彼らがあなたの申請を拒否した理由をあなたに話す必要はありません。それが特定の理由であることを証明することをほとんど不可能にします。

外国人相談センター

日本のいくつかの都市では、外国人相談センターを運営しています。ただし、これらのアドバイザーは、あくまでも相談役なので、あなたの訴訟を直接家主に訴える力などを持たない可能性があることに注意してください。

東京都は、英語、中国語、韓国語で外国人相談センターを運営しています。彼らは通常電話で問い合わせをするが、ウォークインも歓迎する。

英語(月曜日から金曜日、午前9時30分から正午12時までと、午後1時から午後5時)03-5320-7744
中国語(火曜日と金曜日、午前9時30分から正午12時までと、午後1時から午後5時まで)00 pm)03-5320-7766
韓国語(水曜日、午前9時30分から正午12:00までと、午後1時から午後5時)03-5320-7700

詳細についてはこちらの  ウェブサイトをご覧ください。

日本のほとんどの主要な市役所事務所は外国人居住者の助言または支援サービスを持っています。詳しくは、市区町村役場にお問い合わせください。

理由2.収入が足りない

そもそも家賃のために支払う額は、あなたの給料の約33%を超えてはいけません。

一部の家主や不動産管理者は、36の倍数の収入に基づいて同様の計算を使用します。つまり、年収は、申請しているアパートの家賃の約36倍になるはずです。

このような表に基づいてあなたの家賃を支払うあなたの能力を評価します:

所得が不十分であることが、日本の家主や不動産管理者が賃貸申請を拒否している主な理由の1つです。

理由3.仕事が不安定であると見られている

家主や不動産管理者が賃貸申請を評価しているとき、彼らは彼らの潜在的な収入の流れの安定性について電話などで確認をします。

他の記事で説明したように(入居者が日本で賃貸料を滞納しているとどうなりますか?)、入居者は日本の法律の下で非常に強い権利を享受します。

基本的に、家主は滞納リスクを最大限避けようとします。そしてこれを確実にする方法の1つは確立された会社で安定した仕事に就いている入居者を選ぶことです。

このため、あなたの雇用状況が次のいずれかのカテゴリに該当する場合、家主はあなたが滞納リスクであると認識する可能性があります。

  • 契約社員の場合(通常の正社員 とは対照的に  )
  • 雇用機関から派遣されている場合
  • 自営業者、フリーランサー、またはあなた自身のビジネスを所有している場合
  • 収入が不規則で予測できない場合(納税申告書と給与明細書に基づく)

理由4.保証人の収入が足りない

保証人(hoshounin)は、あなたが家賃を払うことができない場合に備えて、あなたに代わって支払うことに同意する人です。日本のほとんどの家主は、賃貸申込の一環として保証人の指定を求めています。この規則の例外は短期間の賃貸物件で、2〜3ヶ月の賃貸のみを予定している人向けです。

家主や不動産管理者は、賃貸に申し込むときに、外国人だけでなくすべての申請者が保証人を提供することを要求することを知っておくことが重要です。多くの若い日本人は彼らの指定された保証人として彼らの両親または祖父母を使います。しかし、日本社会が高齢化し、定年退職している場合も多く、近年、保証人として十分に高い所得を稼いでいる高齢者がどんどん少なくなっているということです。退職して年金を受け始めると収入が減るからです。

ですから、これは外国人だけでなく、日本でアパートを借りようとしているすべての若者に影響を与える問題です。

これを回避するには、  家賃保証会社保証会社)を使用します。1ヶ月分の家賃の約3分の1に相当する料金で、保証人会社があなたの保証人となります。実際、ますます多くの家主や不動産管理者は、企業保証が危険性が低いと見なされるため、個人よりも保証人会社を保証人として使用することを好みます。

理由5.物件内見時に、不動産業者、家主、管理人に悪い印象を与えた

あなたが部屋の内見をする際に、家主の代理人はあなたを潜在的な入居者として、賃貸に住むための基本的な能力と常識を持っているかどうかを評価します。

これは良い印象を与えるために、最善を尽くすべきであることを意味します。チェックポイント:

  • 約束の時間通りに
  • きちんとそして適切な服装で
  • 責任ある大人のように振る舞いにご注意ください
  • 入れ墨を隠す
    • 最初の3つは明らかです。4つ目は、日本の多くの人がまだタトゥーをヤクザ(日本の暴力団)に関連付けているという事実によるものです。安全のために、部屋の眺めの間はそれらを隠すことをお勧めします。

これについての詳細は、を参照してください:  あなたが望むアパートを取得するためのヒント

上記のように、家主は拒絶した理由をあなたに告げる義務を負いませんが、あなたが部屋の内見の間に適切に行動したかに基づいてあなたに拒絶する言い訳をしないでください!

日本で賃貸契約をするためにはどのような書類が必要ですか?

最後に、すべての書類が揃い、申請の準備ができていることが重要です。

繁忙期(1月から3月)の間は、1つの物件に複数の申込者が存在する可能性があります。最初に申請書を提出した人が審査プロセスを優先されます。

この記事を参照して、必要な文書を確認してください。

日本でアパートを借りるためにはどのような書類が必要ですか?

GAIJINPOTハウジングサービス

言葉の壁やその他のストレスに悩みたくない方でアパートを借りたい場合は、当サービスを検討してください。これは、日本でアパートを探している外国人のための住宅サービスです。このサービスでは:

  • 海外からも応募できます
  • 日本語を話したり読んだりする必要はありません – 完全なバイリンガルサポート付き
  • 保証人は必要ありません
  • クレジットカードですべてのものを支払うことができます
  • あなたの国籍のために申請が拒否されることはありません

サービスの詳細:日本語版

サービス概要

サービスのお申し込み方法

サービス料金