日本最大級の不動産バイリンガルサイト

家を買う時にしてはいけない5つのこと

家を買うときに考えるべき多くの事があります。家の購入は、おそらくあなたの人生の最大の買い物の1つになるでしょう。そんな時に、あなたがすべきではない  5つの重要なことを説明します。

1.適切な不動産会社と協力することの重要性

家を買う際の最初のステップの1つは、あなたが信頼できる経験豊富な不動産エージェントを見つけることです。選択を絞り込んだら、親しい友人や同僚を見つけてセカンドオピニオンをもらうこともお勧めします。あなたがセカンドオピニオンを提供できそうな不動産業界で働いている誰かを知っていれば、それは大きなアドバンテージになるかもしれません。

以下は、全国の売り出し物件を取り扱うバイリンガル(多言語サービス対応)不動産会社のリストです:

日本のバイリンガルの不動産エージェント

株式会社リアルエステートジャパンはまた、特定のパートナー会社と協力して、住宅購入や不動産投資のプロセスに着手したばかりの人々に対して、英語によるサポートおよび無料相談を提供しています。私たちのパートナー企業は、初心者から上級者まで、あらゆるレベルの購入者、投資家と仕事をした経験があり、取引全体についての相談を提供できるだけでなく、もちろん、あなたにぴったりの物件を見つけ、交渉し、購入するのをサポートします。詳しくは、日本の外国人向け不動産投資支援サービスをご覧ください。

いきなり不動産を購入することに抵抗を感じる方や、不動産投資の勉強をしている方向けに、様々な無料のセミナーを開催しています。不動産購入の基本について学ぶこともできます。

現在開催中のセミナーのリストはこちら:不動産セミナー

2.不動産の抱える地政学リスクについて学ぶ

多くの買い手が研究を怠っていることの1つは、自然災害が彼らの新しい家を損傷する可能性です。一般的に、日本の主なリスクは、地震(および火災)リスク、洪水リスク、または津波リスクとして要約することができます。

潜在的な地震リスクを確認するため、多くの自治体や不動産会社が指定した領域に、地震の可能性と程度を評価するために使用するハザードマップがあります。

日本政府の公式地震発生確率図は、英語で確認できます。日本で近隣の地震が発生する確率は?

Iさらにあなたが購入する際に、重要事項の説明を聞いて事前購入契約を締結する際に、地震の被害を非常に受けやすい地域や洪水エリアの上にあるかどうかについての情報があるはずです。

重要事項の説明は、不動産購入を確定する前に知っておくべき重要な情報を購入者に提供することを目的とした法的開示文書です。ここで覆われている情報のいくつかの概要です:重要な事項に書いてあること

また、あなたの家を購入する際、日本の地震の建築基準に基づいて建築されているか確認してください。

建築基準法

洪水や津波の危険性については、海抜kaibatsu)またはハザードマップ上の海面を確認してください。

3.融資額と初期費用を最小にすること

あなたが購入する物件を見つけたら、あなたの融資額と初期費用をできるだけ低く保ちたいでしょう。あなたの年収などに応じて資金調達の金額を試算すべきです。銀行が借り手を評価するために使用する基準の1つは、借り手が同じ会社で働いていた期間です。最近転職した場合は、頭金などが高くなる可能性があります。新しい家を買うとき雑多な費用がたくさんあり、費用は中古住宅の購入価格の6-13%、そして新しい家は、3-5%の範囲です(新しい家は通常直販売されます。別の仲介手数料はありません)。

関連記事:

日本の外国人として、あなたの在留資格は融資条件に重大な影響を及ぼす可能性があります。あなたが日本の永住者である場合、銀行はワーキングビザ保有者よりもはるかに良い資金調達条件をあなたに与えるでしょう。私たちの今後のセミナーで、もっと学ぶことができます。

4.不動産を管理・維持するための、修繕義務を忘れないでください

新しい家を買うときに考えるべきもう一つの重要な事柄は、その特性がその価値を長期にわたって保持するかどうかです。東京の特定の地域は常に人気があることになるので、これらの地域のいずれかで購入すると、退出リスクが軽減されます。新築時は問題が多く出てきませんが、定期的なメンテナンスは通常長期的にお金を使います。優れた資産管理とは、運用コストを削減することだけでなく、資本価値を拡大または向上させることも意味します。

不動産がよく手入れされていて将来の世帯にとって魅力的になるかどうかを、どうやって知ることができますか?非常に重要な確認する場所がいくつかあります。ゴミエリアはよく整理されていますか?駐車場はきれいですか?建物に住んでいる人の種別はどうですか?比較的犯罪が多い地域にありますか?近所に子供たちはいますか、彼らはどんな学校に行きますか?最寄り駅はどのくらい近くにありますか?近くに買い物する場所はありますか?

5.現地視察の重要性

おそらく最も重要な助言は、不動産市場における常識です。たとえどれほど上手に物件を調べたり、何回オンラインで物件を見たりしても、あなたは直接行って物件を見る必要があります。実際、あなたはいろいろな家を見に行かなければなりません。実際に行くことによってのみ、あなたはその場所を感じることができます。そして、視察する場所が増えれば増えるほど、あなたが本当に好きで嫌いなこと、妥協しなければいけないこと、そしてあなたにとってこの不動産の価値が何であるかをより学ぶことができます。そして、ターゲットの物件の近所を少なくとも1回は歩くことも重要です。周辺に有害な工場や近くで行われている大きな(騒々しい)建設プロジェクトはありますか?長期ローンを契約する前にあなたの隣人が誰になるかを知るべきです。

Lead photo: Stock image via fudosan-pro.me