日本で部屋を借りるための情報

【永久保存版】日本でアパートを借りるために、どんな書類が必要ですか?

この記事では、日本でアパートを借りるために必要な書類やその他の情報について説明します。

日本で長期用アパートを借りるには、就労ビザまたは学生ビザが必要です。あなたが短期の観光ビザを持っているならば、以下の情報はあてはまりませんのでご注意ください。

観光ビザ向け滞在先リスト:短期滞在用ゲストハウスやサービスアパートメントの一覧です

1.パスポート&在留カード

日本で通常のアパートに申し込むには、パスポートと住民票または学生証の2種類の身分証明書が求められます。

パスポートの写真ページとビザスタンプが貼られているページ、および在留カードまたは学生証の前後の両方の判読可能なコピーを作成してください。

日本の在留カードの表面のサンプル。

日本の在留カードの裏のサンプル。裏のコピーを提出する必要があります。これは、上記の例のように、政府職員が住所変更などの個人情報を更新するためです。

アパートに住む人、全員にパスポートと住民票を提供するように求められます。

2.資格証明書または就職許可証

あなたは日本に滞在する目的を文書化した文書を提出するよう求められます。

まだビザが発行されていない場合は、資格証明書を提示する必要があります。これは、地域の入国管理局が発行した書類で、希望する活動が有効で日本国内での在留資格に該当することを証明するものです。資格証明書を取得すると、ビザ申請プロセスが大幅にスピードアップします。

日本で仕事をする場合は、代わりに署名された雇用契約書または公式のオファーレターを送信することもできます。

3.収入証明書

家賃を払うことができるということを証明するために、収入の証明書類を提​​出しなければなりません。最近の給与明細書の写しを提供するよう求められますが、通常は過去2、3か月です。またはあなたの年次源泉徴収票(源泉徴収票、源泉徴収票)のコピー。 

学生である場合(例えば、あなたがGaijinPot Housing Serviceを通じて大学生または語学学校の学生としてアパートを借りる場合)、あなたの両親はあなたの家賃の支払いをするでしょう、あなたは親らのコピーを提供するように求めてきます。

日本の源泉徴収票の例です。

4.学生の場合:学生IDと入学許可書

大学生の方、または日本語学校で勉強する予定の方は、学生証と入学許可書の表と裏のコピーをご用意ください。

その他の情報

上記の実際の書類に加えて、日本でアパート探しを始めるときには、次のものも手元になければなりません。

1.日本の電話番号

日本の不動産業者と連絡を取り合うためには、電話を持つ必要があるでしょう。原則として、日本の代理店は海外からのレンタル携帯への申し込みには対応しないので、電話番号を言うときは国内の携帯の電話番号を意味します。

2.日本の銀行口座

原則として、不動産管理者や家主は、毎月の家賃の支払いを国内の銀行口座を介した引き落としで行うように要求しています。申請の一環として、自動引き落とし用紙に記入するよう求められることが多く、その結果、支払期日に自動的に家賃が口座から差し引かれます。

最近では、エージェントによっては、クレジットカードを使ってエージェントの料金を支払うことを許可するものもあります。

日本の銀行口座を持っていない場合、または口座を取得したくない場合は、GaijinPot Housing Serviceを  使用すると、前払いの費用をすべてクレジットカードで支払うことができます。

日本での緊急連絡先

申請書には、緊急連絡先となる日本の人の名前を入力するように求められます。職場で友人、同僚、または上司の名前を付けることができますが、ほとんどの不動産管理者や家主は英語を話さないので、その人が日本語を話すことができるのが最善です。万が一、緊急連絡先と連絡を取る必要がある場合は、お互いに連絡が取れるようにしたいと思うでしょう。

4.保証会社に承認される

日本では、伝統的に、アパートを借りるために保証人、あなたが支払うことができない場合に、あなたの家賃に対して責任があることに正式に同意する人が必要でした。これはあなたが日本人であろうとなかろうと関係なくです。

今日では、ほとんどの不動産管理者(PM)や家主は、実際にはあなたが選んだ保証人よりも保証人の会社を使うことを好みます。賃貸申請の一環として、PMは身元確認をする保証会社にあなたの個人情報を提出します。

ただし、リースを更新するたびに保証会社に1ヶ月分の家賃と更新料10,000円を支払う必要があります。

より簡単に部屋を借りる方法:外国人専門ガイジンポット住宅サービス

前述のように、日本でアパートを借りるのは大変なことです。

外国人がこれらの障害を克服するのを助けるために、我々はGaijinPot住宅サービス、日本で賃貸住宅を探している外国人のための宅サポートサービスを始めました。

私たちが提供するもの:

  • 日本に到着する前に海外から申請して、自分の場所を設定することができます。
  • 保証人は必要ありません。
  • 申請プロセス全体を通して、完全なバイリンガルサポート。
  • あなたはクレジットカードで(入居費用からあなたの毎月の家賃まで)すべてを支払うことができます。
  • 移動後のバイリンガルコンシェルジュサービス。ユーティリティの設定やメンテナンスの予約の手助けを含みます。
  • 2,100以上のアパートが外国人への賃貸用に事前承認されています。国籍があなたの申請が承認されるか拒否されるかの要因になることは決してありません。

詳しくは、以下のサイトをご覧ください。

外人ポット住宅サービス

サービスのお申し込み方法

サービスの手数料

現在利用可能なアパートのリストを見るには、ご覧ください:ガイジンポットハウジングサービスアパート