日本のニュース

10月から!携帯業者、2年間の総費用の事前通知が必要に

今年10月から、日本の大手携帯電話会社は、価格競争の激化と企業間の価格比較を容易にするために、2年間の携帯電話契約の総コストを消費者に事前に知らせる必要があります。

日経の最近の報告によると、総務省は、透明性を高め、消費者保護を強化するために、携帯電話会社に2年間の携帯電話契約の実際の総コストを表示するよう要求することを決定している。

現在、日本の大手携帯電話会社は標準の2年契約の最初の1年間だけ通信料の割引を提供しています。これは消費者が2年契約に署名する実際の総コストを計算することを困難にします。

この新たな決定は、2年間の電話契約の解約に対する罰金を1,000円に制限することを携帯電話通信事業者に義務付けるという政府による関連のものとなります(現在、平均罰金料は約9,500円です)。この新しい要件は10月にも発効する予定で、契約中に携帯電話会社を切り替えるのをより安価にするためのものです。

新しい要件

10月から、携帯電話通信事業者は、新しい契約を申し込むとき、または契約を更新するときに、2年間の契約の総費用をユーザーに通知する必要があります。企業は書面または電子メールでそのようにする必要があり、通信料金に対して支払っている金額と実際の携帯電話の分割払い金額をユーザーに示すために、費用を明確に分類する必要があります。

ただし、他の記事で説明したように、日本の携帯電話の価格設定場所は非常に混乱しやすく、さまざまなオプションや割引があるため理解が困難です。この状況が新しい規則によっても変わることは明らかではありません。

規則変更後、2年間の携帯電話契約(携帯電話の分割払いを含む)に署名する多くの消費者は、契約期間中に約20万円を支払うことになると予想されます。高級モデルを選ぶ人々は、もちろん、もっと多くを支払うでしょう。

しかし、関係者は、主要な携帯電話会社はすでに2年間の契約に署名するための実際の総コストを計算することを困難にし続けるさまざまな複雑な割引を提供することによって規則の変更に対処していくだろうと指摘しました。通信事業者は、携帯電話の割引、および契約半ばで期限切れとなる短期割引の提供を引き続き許可されます。(携帯電話の料金プランを比較する方法に関する便利なヒントについては、こちらをご覧ください。携帯電話の料金プランは、2019年に安くなる予定です

たとえば、NTTドコモは6月に、新しいギガプランの新規加入者に対して月額最大1,000円の割引を提供し始めました。これは、通話制限とデータ通信を組み合わせた2年間の期間ベースの課金プランで、速度制限なしで月最大30 GBです。ただし、割引額は、家族割引グループに登録している回線登録者の数によって異なります。あなたの家族グループに3回線加入者がいる場合、毎月の通信料から1,000円を受け取るでしょう(毎月5,980円)。ただし、回線加入者が2人しかいない場合、割引はわずか500円です。関係者は、このような割引を受けるための細かい規則は、携帯電話事業者が新規加入者を狙って競争しようとしているため、依然として隠されている可能性があると指摘しています。

それにもかかわらず、10月現在、2年間の契約の総費用を消費者に表示し通知することができない携帯電話会社は、総務省による行政指導の対象となる可能性があり、これもまた改善のための公式命令につながる可能性があるでしょう。

出典:日経、2019年7月4日


人気の関連記事:

日本での携帯電話契約の違約金上限1000円に

日本で携帯電話を購入する  :2019年に価格が下がりそうです、あなたが知る必要があるのはここにあります

日本であなたの携帯電話を使う方法  :JP Smart Sim を使って