日本で敷金・礼金不要なアパートはどれくらいあるのか?

日本での賃貸アパート探しはお金がかかる!?外国人には馴染みの少ない敷金、礼金や初期費用について説明します。敷金・礼金が不要なアパートもご紹介します。お得に部屋探しをしましょう。

入居の時に必要な費用とは?

  1. 敷金- 常に必要というわけではありません – 下記の詳細をご覧ください
  2. 礼金 – 常に必要というわけではありません。
  3. 代理店手数料 – 常に必要というわけではありません – 必要な場合は通常、1か月の家賃の2分の1に相当します
  4. 保証料金 – 時々必要 – 通常月の家賃の3分の1に相当します
  5. 保険 – 常に必要 – 2年間で約20,000円の保険
  6. 鍵交換手数料 – 常に必要 – 通常約12,000円から15,000円
  7. 最初の月の家賃

敷金が必要な物件の割合は?

日本の賃貸物件の約53.4%は敷金を必要としません。

現代では保証人として(保証人として家族ではなく)保証会社を使用することを要求している会社が増えています。

保証人の会社は基本的に、あなたが家賃の債務不履行をしないことを保証することによって、家主のための賃貸料滞納リスクを減らします。

大阪、神戸、京都を含む近畿圏では、他の国々よりも敷金金額が少なくなる傾向がありますが、礼金の金額(定義は下記参照)が多くなる傾向があります。

日本の敷金なしアパートのリストをご覧ください。

何パーセントが礼金を必要としませんか?

日本の賃貸物件の約45.5%は礼金を必要としません。

礼金とは何ですか?

これは、日本語でレイキン(礼金)と呼ばれるチップです。入居料の一部として家主に支払います。あなたがあなたのアパートを離れるとき、それはあなたに返されません。

日本が都市部で深刻な住宅不足を経験したとき、礼金はしばしば文化的慣習として、または戦後の急速な経済成長の時代の遺物として説明されています。入居予定者は、行列の先頭に到達するために家主に礼金を支払います。

しかし、礼金には経済的な論理的根拠もあります。実際問題として、テナントは日本の法律の下で永続的に更新する権利を持っているので、家主は更新するためのこのオプションを説明するために追加の補償を求めます。

礼金なしのアパートのためのリストをご覧ください。

日本でアパートを借りるために必要な平均保証金は?

全国的に、アパートを借りるために必要とされる平均は1.44ヶ月の家賃と等しいです。つまり、表示されている月額家賃が50,000円の場合、50,000円x 1.44 = 72,000円になります。より一般的には、毎月の家賃の整数倍であり、通常、低価格から中価格帯の物件については1ヶ月分の賃貸料、ハイエンド物件については最低2ヶ月分の賃料に相当します。

日本でアパートを借りるために必要な礼金の平均額はいくらですか?

全国的に、アパートを借りるために必要とされる礼金の平均量は1.36ヶ月の家賃と等しいです。つまり、表示されている月額家賃が50,000円の場合、預金は50,000円x 1.36 = 68,000円になります。より一般的には、礼金は毎月の家賃の整数倍であり、通常は1ヵ月分の家賃に相当しますが、上記のように、2018年の賃貸物件リストの約45%は礼金を必要としませんでした。

2年後の更新を見越して考える

日本の通常の賃貸借契約は、最初の2年間の期間があります。その後、2年ごとにリースを更新することができますが、一部の家主は更新料を請求します。

全国では、大部分の物件(62.4%)が更新料を必要としません。しかしそうする人たちの間で、平均リース更新料は0.89か月の家賃と等しい。

関東(東京、神奈川、千葉、神奈川)の賃貸料は、日本の他の地域よりも高くなる傾向にあります。これは、日本のこの地域では人口流入が発生しているためです。

敷金および礼金に関する上記のデータは、2018年1月1日から12月31日までの間に使用された、全国約1,100万件の賃貸物件について東急ハウジングリースが行った調査に基づいています。

Image: Pixabay (royalty free)