なぜ日本政府はAIRBNBを規制したのか

By Jeff Wynkoop

民泊法が6月15日に施行!の記事にも示した通り、民泊法の厳格な規制により、何千人もの外国人が、事前の通知なしに部屋の予約を失うことになったと言います。政府は、新法が制定される以前はホームシェアリング事業はグレーゾーンで運営されていたと述べ、新規則が発効するまでに、政府は猶予期間を見込んでいたはずだと述べている。彼らが主張するこの「大失敗」は完全に回避可能であり、日本人が時代遅れになっていることのほんの一例である(あるいは「外国の」観光ブームを本当に歓迎していないのかもしれない)。

2013年には日本の都市への訪問者にふさわしい適切な宿泊施設の不足があり、滞在する場所を見つけた新しい観光客は日本経済に弾みを付けました。しかし、その一方で、一般住宅を対象としたビジネスとしてのルームシェアリングは、そのビジネスがホテルビジネス法に基づく短期宿泊施設として認可されていない限り違法です。旅館業法はホームシェアリングを念頭に置いて作成されたものではないため、ライセンスには民泊運営には不適切ないくつかの法的条件が含まれています。そのため、2014年4月に、特別指定区域(民泊特区)、一般に東京都大田区、または大阪市にある民泊を認可するための新条例が制定されました。

旅館業法のこの新たな例外は、特別指定区域外での違法な民泊増加を止めるにはほとんど役立たなかったのです。それは難しい部分でした。急速な成長は、当局が力を入れて対応することを難しくしました。なぜなら、誰もがあまりにも速く動いて、新しい観光業という、金のガチョウを殺す危険を冒したくないからです。ほとんどすべての新しい民泊は違法であった、しかし当局はそれらを一つずつ閉鎖するためのリソースを持っていなかった、そして猛烈に行動し難い状況でした。しかし、京都や日本周辺のいくつかの場所で違法な民泊が閉鎖された例がいくつかありました。

関連記事:”民泊法”に対する日本全国の規制とは?

2018年6月15日、日本のホームシェアリング規則の変更によるルームキャンセルはありませんでした。規則は何年もの間一貫しており、それらを覆す会社も同様です。しかし、過去5年間で日本への新規観光客の数は劇的に増加し、日本のホテルへの投資は急増しています。全国各地に多くの新しいホテルがあります、そしてこの時点で日本を訪れるときに部屋を見つけることはそれほど困難ではありません。

これらすべての根底にある問題は、日本当局がホームシェアリングを規制すべきかどうかです。東京や大阪のアパートに住むのは、アメリカで家を所有するのとは違います。私が東京でアパートを借りるとき、建物を選ぶ際の重要な基準はその建物にオートロックがあるかどうかということです。アパートの建物やマンションのオートロックとは、建物内の各ユニットに設置されているモニター/ロック解除装置のことです。訪問者は建物の入り口に入ることができますが、各アパートの玄関に行くためのもう一つのドアがあります。この2番目の入り口を通過するには、自動ロックされたドアのロックを解除するために金属製の鍵、カードキーなどを使用する必要があります。またはアパートの部屋にいる誰かにロックされたドアを開けてもらうことです。特定のユニット内に実際に入るには、少なくとも2つのキーが必要なので(1つは建物用のオートロック用、もう1つは個々のアパート用)、セキュリティが強化されています。

私は路上から誰もが私のアパートのドアに24時間アクセスできるようにしたくありません。私は、建物の中の隣人だけが建物の中、倉庫、ゴミ部屋などにアクセスできることを知っているという安心感が好きです。東京にはオートロックのない住宅の建物もたくさんあります。

ある日、仕事が遅れて帰宅したとき、私は自分のホームシェアリングのエピソードがあります。家の建物の中を歩き回っている2人の若い観光客がいたので、不審に思った私は彼らに何をしているのかと尋ねました。彼らは部屋を探していると言いましたが、アパートには番号が付けられていて、間違った階にいました。本当に何かを探していたのでしょうか?特に小さな子供がいる家庭などは注意が必要になりそうです。

ありがたいことに、私の建物はその後、ホームシェアリングを違法にしました。そして、町の周りの他の多くの建物は同じく違法になりました。新法にもかかわらず、私の建物内の誰も民泊事業を運営することはできません。

そのほかの疑問点:民泊を規制することは、合法的なのでしょうか?新しい法律によって、多くの問題を引き起こすことはないのでしょうか?法律は単にホテルの開発者や大企業を助けるための反競争的な理由で書かれたのでしょうか?

一般の人々に部屋を提供するホテルは、規制されるべきだと思います。私の意見では、一般大衆に部屋を貸す人は誰でも、ホテルと同じように、清潔さ、騒音公害、ゴミ処理などに関する基本的な規則に従うべきです。さらに、私は日本の近所や建物の管理者にとって、空き部屋のある所有者だけでなく、建物や近所のすべての居住者の利益のために民泊を規制することは、合法的であると思います。ホームシェアリングは、世界中の人々の間で国際的なつながりを築くための良い方法であると言われていますが、着実にその一つになっている国のいたるところで民泊ビジネスを解き放つことに有害な影響があることは自明のはずです。

Editor’s note: The opinions of the writer do not necessarily reflect those of Real Estate Japan Inc.

関連記事:”民泊法”に対する日本全国の規制とは?