英語と中国語と日本語の不動産用語集

日英中不動産用語集 【築年】

築年

読み方:ちくねん

知っておきたいポイント

  • 物件が建てられた年を表します。
  • 「築年数」と表記されている場合は、その物件が建設されてからどれくらいの期間が経過しているのか表しています。
  • 新築や築浅などの物件は日本人に人気な様子です。
  • 外国人はあまり築年を気にしない傾向にあります。
  • 築年は、その建物が新耐震基準で建てられたかどうかの判断をすると一つのポイントにもなります。
  • 新耐震の建物と旧耐震の建物では、地震に対する強度が違います。新耐震の建物の方が地震に強いです。
  • 1981年に新耐震基準が導入されました。
  • 重要事項説明書や重要事項調査書を見ればどの建物が新耐震基準を満たしているのか確認できますが、一般的に1983年以降の物件は新耐震基準を満たしていると考えても大丈夫です。

前回の「管理費」を英語と中国語(繁体字・簡体字)で何と表記するのかを確認しましょう。

関連情報&記事

外国人不動産市場に参入する方法

 

著者:リアルエステートジャパン編集部

日本最大級の外国人不動産サイト「リアルエステートジャパン」に集まるデータに基づいた外国人入居者や投資家の賃貸、売買動向の調査レポート。不動産インバウンド集客に関する情報など、国内不動産の外国人市場のトレンド情報をいち早くみなさまにお届けしております。 現在、リアルエステートジャパンでは、日本の不動産市場の更なる国際化に貢献するため様々な取り組みを行っております。