日本で家を買う

不動産ローン計算:年収からシミュレーション

不動産を購入したいと考えている人の頭にまず浮かぶのは、

「自分が購入できる家の金額はいくらですか?」

それは、主に2つのことによります:どれだけの現金を持っているか、そして予想収入がローンの期間にわたっていくらになるか。

銀行が使用している貸付基準に基づいて借りることができる金額を見積もる簡単な方法を説明します。

また、住宅ローン計算機を使って毎月の推定ローン返済額を計算することもできます。

前払いに必要な金額は?

購入金額の20%〜35%以上を支払うには、現金でなければなりません(ローンの前払い、および購入時のさまざまな付随費用(税金や代理人手数料など)をカバーするため) 。

税金は購入価格に約6%から7%追加されます。税金問題の詳細については、計画する年間固定資産(固定資産)税を含む、日本の不動産税に関するこのガイドを参照してください。

不動産を買うために代理人を使うならば、あなたは購入価格の3%に6万円を加えた消費税(現在は8%)の仲介手数料(手数料)を支払わなければならないでしょう。この記事を参照してください:日本で不動産を購入する際の購入手数料と税金の内訳

いくら借りられますか?

一般的に、日本の貸し手は、住宅ローンの支払いに年間総所得の25%以下程度の資金を提供しています。

どのような金利がありますか?

日本に居住する外国人は、日本の銀行からの住宅ローンを受ける資格があります。詳しくはこちらの記事をご覧ください。外国人として日本で住宅ローンを借りる

日本の固定金利住宅ローンの金利は、まだ一般的に非常に低いです。例えば、三井住友信託銀行の最初の10年固定期間住宅ローンの金利は0.95%です(2017年6月現在)。

三菱UFJ、みずほ、三井住友、りそななどの主要道路銀行は、現在0.600%から1.075%の間で変動金利を提供しており、平均0.72%である。

日本の住宅ローン金利の詳細については、こちらの記事を参照してください。

「いくらの家」を買うことができますか?

例:20%の前払いで、5,000万円のマンションを購入する

以下では、購入者が東京23区で50,000,000円(456,000ドル)の中古マンションを購入したいという単純なシナリオを紹介します。

免責事項:以下の分析は、一般的な考えを与えることだけを意図していることに注意してください。各銀行には独自の引受方針があり、貸付を受ける資格があるかどうかを確実に知る唯一の方法は、金融機関に直接話すことです。

この購入者は、10,000,000円(91,142米ドル)の頭金を払って、その残高を地元の銀行から借りたいと考えています。したがって、4000万円のローンを借りたいと考えています。35年のローン期間と0.9%の金利を仮定して、我々は以下の円ローン抵当計算機を使います。

これに基づいて、彼らの推定毎月の返済額は111,066円です

銀行が毎月の住宅ローンの比率に対する毎月の総収入 が25%であることを要求していると仮定すると、この借り手は約5,328,000円の年間総収入を持つ必要があります。

毎月のローン金額に基づいて必要な年間総収入を計算するには= [(毎月のローン金額)25%で割った] 12か月で乗算

以下の表では、毎月のローンの返済に必要なおおよその毎月の総収入と年間収入を示しています。ここで、ローンは年間総収入の25%に相当します。

総収入と月額ローン金額の対応表(収入の25%で算出)

住宅ローンの申請を検討している場合は、直接金融機関に相談してください。

毎月のローン返済額はいくらですか。

収入に基づいて資格を得ることができますか?

上の表を使用することもできます。ここでは、毎月のさまざまなローンの支払額に必要なおおよその年間総収入レベルを事前に計算しています。

ただし、ローンの引受けは複雑な計算式であり、年間総収入は、ローンの資格があるかどうかを銀行が判断するための1つの要素にすぎません。

20%の頭金に基づく毎月のローン支払額

以下の表では、20%の頭金、35年のローン期間、および0.90%の固定金利に基づいて、月ごとのローン支払い額を事前に計算しています。

一般的な情報提供のみを目的として提供しています。保証は表明または暗示されていません。住宅ローンの申請を検討している場合は、直接金融機関に相談してください。

関連する人気記事一覧;

金利は何%?

家は買うべきか、借りるべきか?

不動産税金ガイド

外国人向け不動産サービス

Photo Credit: Chris J via Flickr