不動産ニュース

地方移住へ促進、最大100万円分のポイントを配布

日本政府は、2021年春から、家電製品と交換できる最大100万円のポイントと引き換えに、日本の地方への移住を奨励するインセンティブ制度を導入する予定です。

このプログラムは、東京23区の居住者と23区に拠点を置く企業で働く人々を対象としています。東京23区の居住者は、国籍を問わず、省エネ認定を受けた地方の新築住宅を購入すれば、ポイントを獲得することができます。また、省エネ認証を取得していなくても、中古住宅を購入すればポイントを獲得できます。ポイントは家電製品などの雑貨に交換できます。

総務省の基本住民人口移動報告書によると、東京では4ヶ月連続(7月から10月)に他県への人口流出が見られます。多くの企業が在宅勤務を促進するための規約ポリシーを設定しているため、この県外流出の傾向は続くと予想されます。

日本の外国人居住者人口:日本の外国人が移動している場所について、2020年のこれまでの都道府県別の人口増加と減少の詳細な内訳については、この記事を参照してください。

地方の住宅をリフォームしてポイントを受け取る

地方への移住を申し出られない人のために、政府はまた、住宅所有者が既存の市内中心部の住宅を改造して省エネを支援し、ホームオフィスを設立することを奨励するシステムを導入する予定です。対象となるリモデリング事業では、最大100万円のポイント獲得が見込まれます。

在宅勤務を促進するために住宅をリフォームするための補助金

このポイントプログラムは、在宅勤務を奨励するために住宅リフォーム費用を助成するプログラムとは別のものです。政府は、在宅勤務環境を整えたり改善したりするために住宅を改築する住宅所有者に、最大3分の1の費用(最大100万円[9,500米ドル])の補助金を提供することを目指しています。一戸建てとマンションの両方の改造は、拡張、防音、間仕切りの設置などが補助金の対象となります。

知っておくべき他の住宅関連キャッシュバック

住宅購入者向けキャッシュバック住宅手当(すまいキュウフキン)

消費税が以前に5%から8%に引き上げられたとき(2014年)、政府は、上記の住宅ローン控除の恩恵をあまり受けない可能性のある低所得の住宅購入者に「キャッシュバック」制度を導入しました。これは「すまい給付金」と呼ばれています。このインセンティブ制度では、住宅購入者は収入レベルに応じて一定額のキャッシュバックを受け取ります。2019年10月1日に消費税が10%に引き上げられた以降は、キャッシュバックの最大額は30万円から50万円に増加しました。

所得税申告書に対する1%の住宅ローン税控除

住宅ローン控除では、所得税 と 居住者から年末の住宅ローン残高の1%を控除できます 。

控除の詳細な説明については、この記事を参照してください:日本の住宅所有者のための2021年の住宅ローン税控除規則

住宅着工件数の減少

これらの政府による様々なインセンティブ制度は、10月現在、日本では新築住宅着工件数が16ヶ月連続で減少しており、住宅市場の活性化に向けたより大きな取り組みの一環として、さまざまなインセンティブ制度が導入されています。

外国人は日本で不動産を購入できますか?

はい。国籍や出身国に関係なく、日本で不動産を購入できます。日本で不動産を購入するための居住要件もありません。居住外国人としての資金の確保はより複雑です。資金調達に関する情報については、「日本で外国人として住宅ローンを取得するための基本要件」を参照してください。

日本で外国人として不動産ローンを取得する方法は?

詳細については、こちらの記事を参照してください:  日本における外国人として不動産ローンを取得します

日本で不動産を購入するやり方は?

自宅購入ガイドをご覧ください:  日本の不動産ガイド

あなたが借りることができる金額と毎月の支払いを参照してください:  ローン計算

購入および仲介手数料に関する情報:  日本の不動産購入手数料および税金の内訳

知っておくべきこと:  日本における地震の建築基準と技術

不動産の購入と管理に関する質問に答えます

【無料の不動産鑑定】私の不動産はいくらの価値があるのか?

リアルエステートジャパンは、日本の不動産の所有者に対して無料で評価を提供します。こちらをクリックしてフォームに記入してください:  無料不動産鑑定

日本で投資不動産を売却することを検討すべき7つの状況

2019年の住宅価格に影響する主な要因とは?

不動産に関するセミナー、絶賛開催中!!!

:セミナーの現在のリストについては、当社のセミナーのページをご覧ください。

日本で家を購入する方法、  初心者のための不動産投資、  日本での永住権を申請する、  日本での売却方法、などなど他にも沢山のセミナーを開催しています。


出典:日経新聞、2020年12月7日

リード写真:iStock