不動産市場データ

関西圏の最新マンション市場動向:販売価格がアップ

大阪、京都、神戸を含む関西地区の新築マンションの1月の平均価格は46,290,000円(436,400米ドル)で、前年同月比で7.8%増となった。これは、不動産経済研究所が1月に行った関西地域の新しいマンション市場動向調査からの重要なポイントの1つでした。

ここで取り上げたように(2021年の関西マンション予測)、関西地域全体の2020年の平均販売価格は42,490,000円(412,000米ドル)で、前年比で約9.9%上昇しました。これは、1月の平均販売価格が2020年の平均価格を8.9%上回ったことを意味します。

1月の1平方メートル当たりの販売価格も前年同月比で上昇し、1平方メートル当たり44万円(前年同月比7.0%増)となった。

関西地方では、1月が平均販売価格と1平方メートル当たりの平均価格の両方が前年比で上昇したのは2ヶ月ぶりでした。

供給が急増したにもかかわらず、販売価格の上昇が起こりました。開発者は1月に695戸の新築物件を発売し、前年同月比11.9%増となったが、2020年12月の発売戸数(3,105戸)から大幅に減少(-77.6%)した。

また、1月の関西全体の在庫(3,458戸)は、6ヶ月ぶりに前月に比べて減少したことにも留意する必要があります。また、1月11日に宣言された大阪、京都、兵庫県を対象とする非常事態宣言の拡大が住宅購入者の感情に冷水を注いだと報告書で述べました。

その結果、契約率(販売契約戸数を販売戸数で割ったもの)は、前年同期比5.6ポイント減の61.2%となりました。これは、2020年12月の契約率80.0%と比較されたものです。

基本的に、供給は回復し始めており、1月の販売価格は上昇しました。しかし、契約率が70%未満であるということは、開発者がより健全な市場で販売されたであろう在庫を保持したままになっていることを意味します。

都市や県ごとに価格を掘り下げることも重要です。販売価格と(平方メートル単位の販売価格)は地域によって大きく異なり、特定の地域(特に京都)で平均を上回った上昇により、地域全体の平均が上昇しました。市や県ごとの価格の内訳については、記事の下までスクロールしてください。

2021年の供給動向

開発者はどの程度までより多くの新しいマンションを売りに出し続けるのでしょうか?2021年市場予測では、関西の開発者がこの地域で約18,000の新築マンションを販売する予定であり、これは前年比29.5%の増加となります。この割合の上昇は、東京の首都圏の成長予測(約31%)と一致します。

関西の予測はまた、2019年のそれを超える新しい供給レベルをもたらすでしょう。

関西圏マンションのエリア別平均価格

2020年12月と前年比の2021年1月の地域別平均価格の内訳は次のとおりです。

2021年1月–平均価格(円)
2020年12月–平均販売価格(円) 2020年12月 2020年1月–平均販売価格(円)
2020年1月比
大阪市 47,930,000 36,240,000 32.3% 43,540,000 10.1%
大阪府 40,230,000 45,700,000 -12.0% 44,790,000 -10.2%
神戸 39,270,000 36,310,000 8.2% 42,370,000 -7.3%
兵庫県 51,690,000 44,810,000 15.4% 48,030,000 7.6%
京都市 66,420,000 29,990,000 121.5% 42,850,000 55.0%
京都府 41,350,000 43,520,000 -5.0% 該当なし 該当なし
奈良県 44,260,000 33,480,000 32.2% 37,480,000 18.1%
滋賀県 41,800,000 40,380,000 3.5% 38,220,000 9.4%
和歌山県 36,940,000 37,000,000 -0.2% 32,840,000 12.5%
関西地方 46,290,000 39,130​​,000 18.3% 42,960,000 7.8%

エリア別・平方メートル別の平均価格

2021年1月–1平方メートルあたりの平均販売価格(円)
2020年12月–1平方メートルあたりの平均販売価格(円) 2020年12月比 2020年1月–1平方メートルあたりの平均販売価格(円)
2020年1月比
大阪市 700,000 819,000 -14.5% 701,000 -0.1%
大阪府 560,000 642,000 -12.8% 618,000 -9.4%
神戸 545,000 745,000 -26.8% 540,000 0.9%
兵庫県 815,000 616,000 32.3% 656,000 24.2%
京都市 883,000 716,000 23.3% 717,000 23.2%
京都府 536,000 563,000 -4.8% 該当なし 該当なし
奈良県 609,000 444,000 37.2% 461,000 32.1%
滋賀県 636,000 515,000 23.5% 519,000 22.5%
和歌山県 505,000 477,000 5.9% 459,000 10.0%
関西地方 673,000 665,000 1.2% 629,000 7.0%

日本での不動産購入に関する、よくある質問

外国人は日本で不動産を購入できますか?

はい。国籍や出身国に関係なく、日本で不動産を購入できます。日本で不動産を購入するための居住要件もありません。居住外国人としての資金の確保はより複雑です。資金調達に関する情報については、「日本で外国人として住宅ローンを取得するための基本要件」を参照してください。

不動産に関するセミナー、絶賛開催中!!!

:セミナーの現在のリストについては、当社のセミナーのページをご覧ください。

日本で家を購入する方法、  初心者のための不動産投資、  日本での永住権を申請する、  日本での売却方法、などなど他にも沢山のセミナーを開催しています。

日本で外国人として不動産ローンを取得する方法は?

詳細については、こちらの記事を参照してください:  日本における外国人として不動産ローンを取得します

日本で不動産を購入するやり方は?

自宅購入ガイドをご覧ください:  日本の不動産ガイド

あなたが借りることができる金額と毎月の支払いを参照してください:  ローン計算

購入および仲介手数料に関する情報:  日本の不動産購入手数料および税金の内訳

知っておくべきこと:  日本における地震の建築基準と技術

不動産の購入と管理に関する質問に答えます

【無料の不動産鑑定】私の不動産はいくらの価値があるのか?

リアルエステートジャパンは、日本の不動産の所有者に対して無料で評価を提供します。こちらをクリックしてフォームに記入してください:  無料不動産鑑定

日本で投資不動産を売却することを検討すべき7つの状況

2019年の住宅価格に影響する主な要因とは?

2021年家を買うとこんなにお得!?

日本の住宅所有者は2021年に固定資産税の引き下げを期待できます

日本の住宅所有者のための2021年の住宅ローン税控除規則


Sources:

REEI, January 2021 Kansai New Condominium Market Trends Report (PDF in Japanese)

REEI, December 2020 Kansai New Condominium Market Trends Report (PDF in Japanese)

REEI, January 2020 Kansai New Condominium Market Trends Report (PDF in Japanese)

Lead photo: iStock