外国人不動産市場データ

外国人が不動産を購入したい街(2019年9月埼玉県版)

株式会社リアルエステートジャパンでは、自社が運営する日本最大級の外国人向けマルチリンガル不動産ポータルサイト「realestate.co.jp」を利用する外国人ユーザーを対象に、定期的に日本の不動産に関するアンケートやデータの分析を行っています。

今回は埼玉県の不動産をテーマに、2019年9月に外国人ユーザーが閲覧した売買不動産物件情報のエリアをランキングにしました。

外国人が不動産を購入したい街(2019年9月埼玉県版)

順位 市区町村 物件閲覧回数
1 比企郡小川町 236
2 さいたま市浦和区 168
3 所沢市 167
4 大里郡寄居町 156
5 熊谷市 116
6 川口市 61
7 羽生市 60
8 比企郡吉見町 41
9 さいたま市緑区 38
10 さいたま市岩槻区 34
11 北本市 30
12 八潮市 21
13 志木市 20
14 さいたま市北区 16
15 坂戸市 16
16 ふじみ野市 15
17 川越市 12
18 朝霞市 12
19 蕨市 12
20 新座市 11
21 上尾市 8
22 春日部市 3

■調査概要
調査方法:外国人向けマルチリンガル不動産ポータルサイト「realestate.co.jp」に掲載されている埼玉県の売買不動産物件情報から外国人が閲覧したエリアの閲覧数を集計
調査期間:2019年9月1日~2019年9月30日

外国人向けに住宅・不動産投資ローンを提供している銀行

外国籍向けの住宅・不動産投資ローンの金利

日本で不動産を購入するかもしれない外国人

日本で不動産を購入する際に発生する税金

先月の埼玉県の結果

外国人不動産市場に参入する方法

最新の記事

日英中不動産用語集

著者:リアルエステートジャパン編集部

日本最大級の外国人不動産サイト「リアルエステートジャパン」に集まるデータに基づいた外国人入居者や投資家の賃貸、売買動向の調査レポート。不動産インバウンド集客に関する情報など、国内不動産の外国人市場のトレンド情報をいち早くみなさまにお届けしております。 現在、リアルエステートジャパンでは、日本の不動産市場の更なる国際化に貢献するため様々な取り組みを行っております。