日本のニュース

首都圏の新築マンション、平均価格が5980万円で29年ぶりの高値に

首都圏で販売される新しいマンションの平均価格は、2019年に29年ぶりの最高値である5980万円(545,000ドル)に達しました。これは、最近発表された首都圏の2019年の販売データの分析によるものです。首都圏とは、東京と千葉県、埼玉県、神奈川県で構成されています。

2019年の平均売上高は、前年比1.9%の増加で2年ぶりの増加、および平均価格が6123万円あった1990年以降では、最高値を示しています。2019年の1平方メートルあたりの平均販売価格(879,000円)も、7年連続の増加でした。日本の資産価格バブルは1992年初めに崩壊し、不動産価格は数十年にわたって下落しました。

以下は、東京の大規模なマンション市場に関する不動産経済研究所の2019年の概要レポートからの重要なポイントです。

販売戸数の減少

2019年、首都圏で販売された新しいマンションの数は、前年同期比15.9%減少して31,238戸となり、3年ぶりに減少し、1992年以来最低の水準にまで落ち込みました。価格の高騰は、多くの潜在的な購入者を新築市場から締め出しました。

東京都心部での厳しい競争

平均販売価格を引き上げる主な要因は、高所得世帯による東京中心部のマンション購入の厳しい競争でした。これらの富裕層世帯は、通勤や買い物に便利な主要な駅の近くで不足している部屋を探しています。同時に、労働力不足に伴う建築費用の高騰も価格を押し上げています。

金融緩和

日本銀行の大規模な金融緩和により、低金利の住宅ローンが容易になり、需要がさらに高まっています。

東京23区では、2019年に販売された新しいマンションの平均価格は、前年比2.0%増の7286万円(664,000ドル)に達しました。 1平方メートルあたりの平均価格は1123万円でした。

契約率の低下

多くの開発者が販売用の部屋の数を慎重にコントロールしているにもかかわらず、販売価格の上昇に伴い、開発者は供給の売れ残りを確認し始めています。

契約率は、販売契約の数を、その期間に販売された部屋の数で割ったものです。 70%の契約率は、健全な買い手市場と見なされます。

2019年は首都圏の契約は62.6%で、2018年と比較して0.5ポイント増加しましたが、2017年に達した68.1%のパーセントを大幅に下回りました。

エリア別の平均販売価格

  • 東京23区: ¥72,860,000 (+2.0% year-on-year)
  • 東京都下: ¥54,870,000 (+4.8%)
  • 神奈川県: ¥52,950,000 (-3.0%)
  • 埼玉県: ¥45,130,o00 (+4.8%)
  • 千葉県: ¥43,990,000 (+2.2%)

Source: Real Estate Economic Institute, January 22, 2020 (in Japanese)

外国人は日本で不動産を購入できますか?

はい。国籍や出身国に関係なく、日本で不動産を購入できます。日本で不動産を購入するための居住要件もありません。居住外国人としての資金の確保はより複雑です。資金調達に関する情報については、「日本で外国人として住宅ローンを取得するための基本要件」を参照してください。

日本で外国人として不動産ローンを取得する方法は?

詳細については、こちらの記事を参照してください:  日本における外国人として不動産ローンを取得します

日本で不動産を購入するやり方は?

自宅購入ガイドをご覧ください:  日本の不動産ガイド

あなたが借りることができる金額と毎月の支払いを参照してください:  ローン計算

購入および仲介手数料に関する情報:  日本の不動産購入手数料および税金の内訳

知っておくべきこと:  日本における地震の建築基準と技術

不動産の購入と管理に関する質問に答えます

【無料の不動産鑑定】私の不動産はいくらの価値があるのか?

リアルエステートジャパンは、日本の不動産の所有者に対して無料で評価を提供します。こちらをクリックしてフォームに記入してください:  無料不動産鑑定

日本で投資不動産を売却することを検討すべき7つの状況

2020年の住宅価格に影響する主な要因とは?

不動産に関するセミナー、絶賛開催中!!!

:セミナーの現在のリストについては、当社のセミナーのページをご覧ください。

日本で家を購入する方法、  初心者のための不動産投資、  日本での永住権を申請する、  日本での売却方法、などなど他にも沢山のセミナーを開催しています。