マーケット

27年ぶり!地方の土地の価格が上昇:大都市圏や観光地、商業地が牽引

最新の地価調査によると、公示価格は全国的に上昇している。これは、今月リリースされた2019年公示地価(koji chika)レポートからの主な要点です。

  • 2018年と比較して、成長を示した地域は10%増えました。
  • しかし、価格の上昇は、全国の主要3大都市圏およびその他の小規模な大都市圏の再開発地域、および新しい観光客の流入から恩恵を受けているあらゆる地域に集中しています。
  • 日本周辺の地価のおよそ30%は依然としてデフレサイクルに陥っており、地価の分岐は年々増加するようです。
  • 2019年、日本の住宅地は27年ぶりに上昇しました。

不動産価格の高騰

すべてのゾーニングエリア(住宅、ビジネス、および工業)の国の地価を見ると、大都市圏3大都市圏の報告地域の46%が今年上がり、33%が地域圏で上がりました。これは、現在の経済拡大が2013年に始まった時とは対照的です。その時、地域の5%しか地価の上昇を報告していませんでした。これは、日本の都市における不動産価格の上昇が日本の地域にどのように広がったかを示しています。

27年ぶりに住宅地価が上昇

2019年、日本の住宅地は27年ぶりに上昇しました。価格の上昇が見られた地域は、主に大きなショッピングセンター、学校、再開発された商業地域などの便利な場所でした。都道府県別では、地価が上昇した都道府県は18都道府県で、前年の14都道府県から増加した。例えば、石川県は、新北陸新幹線の運行開始後、地価の上昇に転じた。2019年には1%以上の値下がりが発生した都道府県も10から7に減少しました。

地域的な地域では、地価の上昇を示した主な場所は、商業的再開発を促進することに全力を傾けている地域、または家族を引き付けるための良い地域政策を持っている地域のいずれかでした。例えば、山形県東根市は17年ぶりに住宅地で人口増加(およびそれに伴う地価上昇)を経験したが、これは主に良好な環境づくりに重点を置いた新たな政府の政策によるものと考えられる。家族を育てる 沖縄県の那覇市では、商業再開発とモノレールの延長により、2019年の住宅地価格は前年比10.6%上昇した。

観光業が価格上昇の主な要因

経済にとっての観光の重要性は衰えていません。史上初めて、2018年に外国人観光客の数が3,000万人に増えました。

  • 北海道と沖縄は、外国人と国内の両方の観光客に特に好まれています。
  • 商業地価格上昇の一番の地域は、ニセコスキーリゾート地の倶知安町でした。ニセコはオーストラリアのスキー観光客に人気があり、近くに新しいマンションの建物や他の新しい商業開発があります。
  • 第2のエリアは大阪の黒門市場エリアで、特に外国人観光客に人気があります。

地価が下がっているところ

出生率が低く、人口が高齢で、海外への移住がある地域では、地価の低迷が続いています。

  • 地方では、土地の半分が値下がりしました。
  • 最大の低下は西日本の暴風雨の影響を受けた地域でした。
  • しかし、北海道の夕張地域は、日本の都市への人口移動のため、全国第2位でした。
  • 全体的に住宅地価格が上昇に転じた石川県でも、大幅に値下がりした遠隔地(珠洲市など5.1%の値下がり)があった。人口の減少と放棄された家の数の増加は、日本周辺の多くの住宅市場で悪影響を及ぼしています。
  • 日本の土地の便利な/投資可能な土地と遠く離れた/減価のある土地への乖離は続いています。

価格上昇の原動力としての利便性

利便性の重要性は、日本周辺の地価を定義することですが、特に3大都市圏ではそうです。千葉県野田市では、宅地価格が前年同期比7.8%下落したため、全国で8番目に大きな下落を記録した。そこにある問題は、その最寄りの鉄道駅までの距離が長いため、野田での暮らしを避けたいと多くの人々が思ったためです。神奈川県三浦市でも、8.4%の値下げで同様の運命をたどりました。

商業地では、物語はほとんど同じです。奈良県では、観光ブームにより奈良市の価格が5.1%上昇しましたが、近隣の天理市および宇田市では、地価の下落が続きました。首都圏では、茨城県南部および埼玉県北部の価格が最も下落し、市中心部から離れた地域が最も下落しやすいと見込まれています。

Lead photo: Mt. Yotei, Niseko via Pixabay

人気記事;

2018年の地価は?

日本全国各地域の地価