日本のニュース

早めが肝心!台風シーズンに備えて、今すべき5つのこと

日本ではこの季節、大量の雨が降り日本各地で深刻な水害を引き起こします。この記事では、大雨や台風に備えるためにすべき5つのことを説明します。

1.最新の気象情報をチェックする

気象庁の公式サイト

気象庁からの最新の気象警報と勧告については、このページをご覧ください。ページのメニューを使用して、地域を選択します。

地図上の色分けは、警戒コードを示しています。

  1. 白:災害に警戒する
  2. 黄:避難手順を確認
  3. 赤:高齢者は避難しなければならない
  4. 紫:自らの判断で避難する必要があります
  5. 黒:人々は生命を守るための対策を講じる必要があります

NHKやその他のメディアも、更新時にこれらの勧告と警告を放送します。そのような避難勧告があなたのお住いの地域に発行された場合、早期に避難するよう強く要請します。市または区役所の公式Webサイトにアクセスして、近所のハザードマップを確認してください。このマップは、近隣地域の特定の地域が洪水、土砂災害、地震などのさまざまな自然リスクにどの程度影響を受ける可能性が高いかを表しています。洪水や土砂災害はほとんど警告なしで発生する可能性があります。お住まいの地域に関する勧告が出された場合は、直ちに行動を起こしてください。

気象庁の防災情報サイトの例。

警戒レベル

気象庁より、気象警報・注意報

2.少なくとも3日間の備蓄品を準備する

災害対策担当者は、少なくとも3日間、できれば1週間維持するのに十分な食料、水、バッテリー、その他の緊急物資を用意することを推奨しています。

3.電子機器を充電し、十分な水と充電を確保して、車にガソリンを入れておく

台風は人身傷害や物的損害を引き起こす可能性があるだけでなく、危険です。強風は送電線を破壊し、水の供給を妨害することもあります。台風15号(今年9月9日に千葉に上陸した)により、県全体に停電が広まりました。数千世帯が何週間も電気を使わずに暮らしており、多くの人々はエアコンがないため熱中症に屈しました。

モバイルデバイスとコンピューターが完全に充電されていることを確認しておきましょう。給水が中断された場合に備えて、大量の非常用給水のために、浴槽に水をためておくことも大事です。

停電で冷蔵庫の内容物を冷たく保つ1つの方法は、ペットボトルの水を凍結させ、氷として使用することです。

車を所有している場合は、ガソリンが満タンにしておきましょう。

4.雨戸を閉めて、窓やカーテンをガムテープで固定し、屋外にあるものが飛ばされないようにしておく

日本の一戸建て住宅の多くは、雨戸が付いています。雨戸付きの窓がない場合は、カーテンを閉めることで、ガラスが飛ぶ可能性を最小限に抑えることができます。自分の窓ガラスが、飛散防止ガラスでできていかどうかも知っておくと良いでしょう。

鉢、植物、その他の物体をバルコニーから撤去させておきます。台風の強風は、重い物体を吹き飛ばすほど強い場合があります。

食べ物や所持品を2階や高い場所に移動させます

食品や持ち物がある場合は、2階などに移動させて、洪水による被害を最小限に抑えます。これは、大きな川の近くに住む人々に特に当てはまります。

5.家族や友人との連絡方法を決めておく

万一の場合に備えて、集合場所や避難所の場所を予め家族と話し合っておくと良いでしょう。

Lead photo: Emergency supply kit, via Wikimedia


人気の関連記事:台風の準備のしかた