新型コロナウイルス関連ニュース

「コロナと共に生きる」新しい生活様式:具体的に何をすればいいのか?

5月25日(月)に、日本は新型コロナウイルスをめぐって全国的な緊急事態を解除しましたが、政府当局は感染の第二波を防ぐために注意が依然として不可欠であると強調しました。

JapanTodayで報告されているように、安倍首相は人々が「新しい常識」に適応し、「3つの密」(密閉空間、密集場所、密接場面)を回避し続ける必要があると警告しました。

緊急事態の解除に備えて、今月初めに日本の厚生労働省は、ウイルスのさらなる蔓延を防ぐために必要な政府が「新しいライフスタイル」(新しい生活様式)と呼ぶものに人々を準備するためのガイドラインを発行しました。

5月4日の新型コロナウイルス感染症専門家会議の勧告に基づいて、政府は人々に以下の行動を日常生活に取り入れ、新しいコロナウイルスが私たちと一緒にいると仮定して「新しいライフスタイル」を取り入れてほしいと思います。

1.個人レベルで行うこと

人々が個人レベルで従うべき3つの基本的な感染対策があります。

  1. 身体的な距離を維持します。
  2. マスクを着用してください。
  3. 手を洗う。

すなわち:

  • できる限り、他の人との間に少なくとも2メートル、少なくとも1メートルは空けてください。
  • 遊ぶときは、屋内ではなく外で遊ぶ。
  • 会話をするときは、可能であれば、相手と直接向き合うことは避けてください。
  • 外出時に部屋にいるときや会話をするときは、症状がなくてもマスクを着用してください。
  • 帰宅したらすぐに手を洗いなさい。その後、できるだけ早く、着替えとシャワーを交換してください。
  • 石鹸と水で少なくとも30秒間、手を注意深く洗ってください。手の消毒剤を使用することもできます。
  • 高齢者に会ったり、病院にいる​​人や感染のリスクが高い人を訪問するときは特に注意してください。

2.日常生活の中で

ウイルスの蔓延を抑制するために、日常生活で次のことを行う必要があります。

  • 無理な外出しないでください。
  • 3つの密は避けます。
    • 換気の悪い閉鎖されたスペースを避けてください。
    • 混雑した場所は避けてください。
    • 密接する場所は避けてください。
  • 部屋を換気する。
  • 「咳エチケット」に従ってください
  • 手を洗う。
  • 毎朝する必要があります:
    • 体温を測る。
    • 発熱や風邪のような症状がある場合は、家にいてください。気分が悪い場合は、無理をしないでください。

3.日常生活の場面別行動様式

日常生活における特定の活動や場所については、以下のガイダンスに従ってウイルスの蔓延を防止してください。

ショッピング

  • オンラインショッピングおよび配送サービスを利用します。
  • 自分で買い物をするか、人が少ない時間帯に買い物をします。
  • 電子決済を使用してください。
  • リスト/計画を作成し、効率的に買い物をします。
  • サンプルを取ったり、ディスプレイアイテムに触れたりしないでください。
  • レジに並んでいるときは、自分と他の人との間にスペースを空けてください。

娯楽、運動、スポーツ

  • 公園に行くなら人が少ないときに行って、人が少ないところに行ってください。
  • 自宅で運動の動画を見る(ストレッチとヨガ)。
  • 大人数のグループでジョギングしないでください。
  • 他の人をすれ違うときは、距離とマナーを守りましょう。
  • 可能な場合は予約と予約システムを作成し、使い捨てをするために十分な時間を残してください。
  • 小さな部屋に必要以上に長く滞在しないでください。
  • 歌のパフォーマンスやチームやクラブのサポートについては、距離を保つか、オンラインで行ってください。

公共交通機関をご利用の場合

  • 会話を避けます。
  • 混雑した時間帯に公共交通機関を使用しないでください。
  • 公共交通機関の代わりに歩いて自転車を使ってみてください。

食事

  • 持ち帰りや食事の宅配サービスを利用しましょう。
  • 屋外でお食事ください。
  • 大皿の使用は避けてください。個々の皿に料理を盛り付けます。
  • 一緒に食事をしている人と直接向き合うことは避けてください。並んで座ります。
  • 食事に集中。食事中は話さないでください。
  • メガネを他の人と共有しないでください。

結婚式、葬式、大規模な集まり

  • 大人数での食事会は避けてください。
  • 発熱や風邪の症状がある場合は、イベントに行かないでください。

4.新しい働き方

省は、ウイルスの蔓延を防ぐために、「新しい働き方」のために以下の措置を推奨します。

  • 在宅勤務とローテーション勤務します。
  • 通勤時間をずらす。
  • オフィスの作業スペースをより広く利用します。
  • オンライン会議を開催します。
  • 名刺交換はオンラインでします。
  • 対面式の会議の場合は、部屋の換気を行い、マスクを着用してください。

出典:厚生労働省「新型コロナウイルスに係る新たな生活習慣のお知らせ」に関するガイダンス

リード写真:iStock