近畿圏マンション市場予測・2019年供給予測

不動産経済研究所(REEI)は、奈良県、和歌山県、京都府、大阪府、兵庫県、滋賀県からなる関西地方の新築マンション市場における2019年の供給動向予測を発表した。

関西地方の予測

2018年通年では、新築分譲マンションの供給は19,900戸に達し、前年比1.7%増となる見込みです。2019年の消費税率引き上げに対する最終決定の影響により、これは当初の予測を上回っています。

2019年には、REEIは、供給が約2万戸で横ばいになると予測しており、これは前年比0.5%の増加となる。

需要が急増して駆け込み需要がある場合、2019年に22,000戸程度まで到達するかもしれません。

大都市別の内訳:

  • 大阪市:9,800戸(前年比増)
  • 大阪府、大阪市を除く:4,000戸(前年比減少)
  • 神戸市:2,000戸(前年比減少)
  • 神戸市を除く兵庫県:1,800戸(前年比増)
  • 京都市:1,200戸(前年比)の増加

大阪市で発売予定の超高層物件が多数

REEIは、開発者が2018年にすでに完成した多数のユニットを発売するので、2019年には大阪の超高層ユニットが多数発売されることを期待するべきであると述べています。

1Kの投資物件の増加

ホテル建設との競合により、都心部だけでなく大阪市周辺部にも1Kの投資用物件が増える予定です。

大阪府(大阪市外)と神戸市では、実戸数の減少により、新築戸数が減少する見込みです。

在庫が増え、建設が好調

2018年11月末の時点で、新築戸数は2,648戸で、前年同期比12.7%増となった。REEIは、徐々に底堅い兆しを見せていると指摘しています。

2018年1月から10月までの間に、マンションの建設が22,040戸着工されました。前年同期比20.5%増。

平均販売価格

  • 2018年1月から11月までの大阪市における新築マンションの平均価格は34,110,000円(315,000米ドル)でした。

関西の他の都市や県の平均販売価格は、下の表をご覧ください。

1平方メートルあたりの販売価格が6年連続で上昇

2018年1月から11月までの平均販売価格は1平方メートル当たり659,000円(6,085米ドル)に達し、6年連続で増加しました。

ホテル開発者との競争で建設費が上昇

ホテル建設業者との競争や大阪市内中心部の地価上昇により、建設費は引き続き上昇しています。

その他の傾向

  • 郊外の一戸建て住宅が好調に推移しています。
  • 駅の近くの大規模な分譲マンションの開発や建物に人気が集中しています。
  • もともと1960年代と1970年代に建てられたニュータウン開発のプロパティは、中高年者に人気があります。
  • 関西地方で物件を提供する開発者(企業)の数は、2018年1月から11月にかけて84社から87社へと前年を上回った。

人気の関連記事:市場予測、関東版

Lead photo: Port of Osaka, stock photo