日本のニュース

【満開はもうすぐ!】東京の桜–観測史上最も早い開花日に並ぶ

日本気象株式会社は3月14日午後、東京中心部で平年より12日早く桜が咲き、観測史上最も早い開花の2020年と同率だったと発表しました。

公式観測は、千代田区靖国神社にて東京都気象台の職員が行っていますこれまでの最も古い最速の開花記録は2002年と2013年の両方で3月16日であり、記録は1953年以来ずっと記録されています。

靖国神社のソメイヨシノ。JMAは、この指定されたサンプルツリーで毎年公式の観察を行っています。写真:  Photo: haru__q via Flickr, taken in 2015.

東京気象台の職員は、今日の午後、いわゆるサンプルツリーで測定を行い、開花の公式基準である五分咲きの花を観察しました。

レポートによると14日の春の気温は、2020年と同様に平年よりも高く、平均より早く開花しました。

今年は西日本・東日本各地で例年より早く開花することが見込まれます。

桜予報

3月11日、日本気象株式会社は、全国1,000か所で桜が開花する7回目の予報を発表しました。

最新の予測は次のとおりです。

予測一覧については、2021年の桜の予測をご覧ください。

東京には有名な桜の名所がたくさんあります。代表的な年には、 新宿御苑 、 目黒、 上野、 千鳥ヶ淵、 青山 霊園 など、毎年恒例の花見を行う人や観光客でにぎわいます。

しかし、日本(そして東京も!)に住むことの素晴らしいところの1つは、ほとんどすべての地域に公園、リバーウォーク、神社、寺院があり、家から遠く離れることなく桜を見ることができることです!


Source: NHK, March 14, 2021 (in Japanese), JMC 2021 Cherry Blossom Forecast

Lead photo: iStock