消費税が10%になるものとならないもの!増税前に知っておくべきこと

2019年10月には日本の消費税が2%引き上げられる予定です。日常の買い物から車の購入や新しい家の購入まで、知っておくべき税制優遇措置やその他の詳細を説明していきます。

消費税はいつ、どのくらい上がるのでしょうか。

2019年10月1日に日本の消費税(shouhizei、消費税は8%から10%に引き上げられます。

直近の消費税増税はいつ行われましたか。

消費税が最後に引き上げられたとき(2014年に5%から8%)、国は一時的な不況に陥りましたが、安倍政権は急増する医療費と介護費を賄うために不可欠だと考えています。増税の一部は、就学前教育を含む子育て支援の拡大にもつながります。

2015年10月と2016年6月との延期決定を経て、今年の10月の10%への計画は余儀なくされています。

そこで政府は、増税が消費者に与える影響を相殺するためにいくつかの政策を打ち出しました。

増税から除外されるものはありますか?

食料や新聞などの日用品は2%の増税の対象外です。食料品はこれまで通り8%を支払うことになります。

ただし、アルコール飲料やレストランでの食事には、10%の新料金が適用されます。

住宅購入者に対する減税

住宅用不動産分野における主な減税措置は、住宅ローン控除の3年間の延長です。これは、消費税の対象となる新築住宅の需要を強化することを目的としています(中古住宅は対象外)。

その他の優遇措置は以下のとおりです。

  • キャッシュバック(すまい給付金)家を買うことに対する助成金
  • 家を購入するために使用された贈与(例えば、両親からの)に対する免税制限の増加
  • 省エネルギー、耐震性、バリアフリー建設を促進する住宅ポイントシステムの導入

自動車購入者に対する減税

自動車税(jidoushazei)は、自動車によって排出される排気ガスの量に基づいて自動車の所有者によって支払われる地方自治体の税です。消費税の引き上げ後に車を購入すると、年間自動車税が4,500円引き下げられる可能性があります。

減税額は排気量の量に基づいています:

  • 1.0-L未満:現在の税額:29,500円、減税後:25,000円(4,500円の割引)
  • 1.0-Lから1.5-L:現在の税金:34,500円、減税後:30,500円(4,000円の節約)
  • 1.5-Lから2.0-L:現在の税金:39,500円、減税後:36,000円(3,500円の節約)
  • 2.0-L〜2.5-L:現在の税額:45,000円、減税後:43,500円(1,500円の節約)

増税後の1年間、自動車購入者は購入時に課される税金の減額も受けられます。政府はまた、環境に優しい自動車の販売促進を目的とした「環境性能比」(環境性能)の減税を1%削減する見込みです

キャッシュレス取引のための2%ポイントバックシステム

政府はまた、中小規模の小売業者に、クレジットカードと電子マネーを使用したキャッシュレス購入に対する2%のポイントバックインセンティブ(スマートフォンやQRコードなど)を提供するための補助金を提供する予定です。 基本的に、現金ではなくクレジットカードで何かを購入した場合、クレジットカード発行者から2%のポイントを獲得した後、8%の実効税率を支払うことになります。

この措置は限られた期間に限り実施され、特に、インバウンド観光客がクレジットカードで購入の支払いをするインセンティブを与えることによって、彼らの支出を促進すると考えられています。

消費税還元セール

政府は、前回の消費税増税後の禁止措置のいわゆる「消費税還元セール」に対して解除する予定です。小売業者は、消費者に2%の差額を払い戻すことによって減税分の売上を保持することができます。

値札は税込み価格を表示するようになります

最終的な価格が消費者に、明確になるように、小売業者は10%の消費税が含まれている商品の価格を示す値札を使うことが奨励されるでしょう。

 

 

人気の関連記事

家を買うなら、増税前それとも後!?

増税が不動産購入者に与える影響