日本の空き家を準公営住宅にする政府の計画

By Jeff Wynkoop

国土交通省(MLIT)は、日本の空き家や放棄された家を準公営住宅(準公営住宅)に転換するための措置を導入する計画を発表した。

820万戸の空き家

国土交通省によると、2013年には全国に820万戸の空き家があり、2003年と比較して24.4%の増加となっています。これは住宅全体の約13.5%で、他の国よりもはるかに高い割合です。新たな対策がなければ、野村総合研究所は全住宅の21%が2023年までに放棄されると推定しています。

低所得家族の子供連れへの支援と財政の節約

国土交通省は、放棄されたこの大量の家屋を準公営住宅に変え、子供を持つ低所得世帯に賃貸することで、多くの潜在的なプラスの効果を見ています。国土交通省はまた、これらの低所得世帯の子供を支援するための直接家賃補助金の提供を検討しています。

また、日本の財政はすでに拡大しているため、放棄された住宅を準公営住宅に転換するプロジェクトは、新しい公共施設への支出よりも安価になります。

政府は、法的枠組みの詳細を確定した後、提案された法律を2017年の通常国会の前に開催することを目指しています。

現在、日本政府は公営住宅(地方自治体によって建設されている)に住んでいる人々に財政援助を提供しています。公営住宅の家賃も市場賃料よりも低いです。しかし、国の地方自治体は厳しい財政状況に直面しており、新たに公営住宅を建設修繕することは彼らの予算にもっと圧力をかけるでしょう。

低所得世帯の子供たちに準公営住宅を提供し、地方自治体が支払わなければならない建設費を下げることで、一石二鳥のプロジェクトを政府は望んでいるのです。

住宅市場の流動性を高めることには、もう1つの大きな利点があります。これについては、後で説明します。所有者のいる空室のセクションをご覧ください

子供を持つ家族だけでなく、一般に公営住宅が現在不足していることに注意すべきです。2013年には、全国で約2,160,000の公営住宅がありましたが、前述のように、財政が厳しかったため、この数字は2003年に記録された数字と変わりません。

国土交通省は、高齢者もこれらの新しい準公営住宅に移ることができると考えています。

空き家の準公営住宅化の概要

国土交通省は、準公営住宅に転換するための枠組みは次のように機能すると述べています。

  • 耐震性、防音性、およびその他の建築基準を満たす住宅は、準公営賃貸住宅に適していると中央政府によって指定される資格を与える。
  • 国および/または地方自治体は追加の必要な改修または建設を行い、地方自治体はこの住宅を直接管理および運営することができます。
  • これらの住宅は、民間の賃貸住宅と本格的な公営住宅の中間の建築品質基準を持つため、「準公営住宅」として指定されます。
  • 政府はまた、居住者によって支払われる家賃が同等の民間部門の住宅よりも少なくなるように家賃補助金を提供する予定です。

どの世帯が対象

地方自治体は、最終的にどの世帯が準公営住宅に入居する資格があるかを決定します。

国土交通省は、全世帯の平均所得の最大25%未満の所得しか持たない世帯が適格であると予測しています。25%のマークは、月収158,000円(1,347米ドル)に相当します。

目標は、子育てにおいて経済的困難に直面している家族を助けることでもあるので、国土交通省はまた、全世帯の平均所得の最大40%から50%の所得を持つ子供を持つ家族を含むようにプログラムを拡大する計画です。50%という数字は、1ヶ月あたり約259,000円に相当します。

準公営住宅の家賃は公営住宅の家賃よりも高くなると推定されていますが、居住者は補助金を受け取るため、その家賃は民間の住宅に支払うよりも低くなります。

さらに、子供連れの家族も政府から追加の家賃補助金を受け取ることになります。

滞納した家賃の支払いを防ぐために、政府は住民に賃貸保険会社への保険料の支払いを援助します。国土交通省によれば、原則として、数ヶ月間連続して家賃の支払いを滞納している住民は追い出されるでしょう。

確立する新しい建築基準

国土交通省はまた、潜在的に準公営住宅として指定される可能性がある空き家に適用される、新しい建築基準(地震、省エネ、防音基準を含む)を確立することを計画しています。

所有者がいるのに、なぜ空き家なのか?

同省はまた、空いている家の所有者が新しい基準を満たすように家を修理または改修するのを助けるために、資金援助を計画している。

空き家に所有者がいる可能性があることは矛盾しているように思われるかもしれませんが、日本の高齢化社会のために、多くの人々は亡くなった両親から空家を引き継ぎます。

大人の子供たちは、故郷から遠く離れた都市に住んでいることが多いので、これらの家はもはや占有されていません。しかし、彼らが財産を相続してきたので、彼らはそれらを維持し、財産税を支払うことにまだ責任があります。

あまりにも遠く離れている場合、何人かの人々は両親の家を維持するのをやめてしまいます。これらの家は、地元の住宅市場にも悪影響を及ぼします。

都市部でも、空き家や放棄された住宅がますます大きな問題になっていることを指摘されています。

したがって、国土交通省の提案は、低所得世帯の支援と公共支出の削減という問題だけでなく、最終的には住宅市場全般の流動性の向上に繋がる可能性があります。

賃貸住宅の供給への影響

この枠組みの中で、国土交通省は、不動産業者と連携し、仲介者としての役割を果たすことを想定しています。

国土交通省は、放棄された住宅を準公営住宅に変えることは全体として賃貸住宅の供給を増やすことを認識しており、それは不動産業界に影響を与える可能性があります。

人気の関連記事:

東京の空き家

空き家の購入の前に読む記事

 

Source: Nikkei Shinbum, January 16, 2016

Top photo: Abandoned house in Kita Shinshu, Nagano, Japan.