2019年の消費税増税が日本の住宅購入者や売り手に与える影響

リアルエステートジャパンは、2019年10月予定の消費税増税(8%から10%)が住宅不動産市場にどのような影響を与えるかについて、東京の不動産コンサルティング会社であるLINC KKのCEOカワムラ氏にインタビューを行った。

Q1: 前回消費税を引き上げたとき、居住用の不動産市場で何が起こったのか教えてください。

以下のグラフ・アパートの需給状況(2012年〜2014年)

青:販売数

オレンジ色:販売率

回答1:  消費税が最後に5%から8%に引き上げられたのは、2014年4月。アパートの需給状況をみると、2014年4月の税金が増税される直前に突然急増することはありませんでした。

実際の増加が実施される6か月前に、2013年7月から9月の期間で売上がピークに達したことがわかります。この数字を見ると、販売台数は19,249台(42.9%増、売上高は78.0%)となっている。

これは、買い手が消費税増額の効果を緩和するための一時的な「移行措置」を利用していたためです。2014年4月1日以降の所有権を取得するために、購入者は2013年9月30日までに販売契約を締結することで消費税率5%で購入することができました。

また、平均販売価格は2013年7月から9月にかけてピークに達しました。これは、増税に先立って比較的多数の不動産が売却されたことが原因です。

新たなの消費税率は、2019年10月1日に発効する予定です。計画どおりに実施された場合は、2019年3月31日までに締結された不動産契約に移行措置が適用されます。

Q2:  前回の消費税引き上げ後に需給状況はどうなりましたか?価格への変化は? 

消費税(3%)が日本(1989年)に導入された最初の年に、家の売却価格は下落しなかった。その後、それらは急激に上がってきました。

むしろ、資産バブル崩壊(1990年から1991年)の落ち込みは、不動産価格に大きな影響を与えました。バブル崩壊後、住宅不動産市場は3年ぶりに回復しました(販売台数)。

翌年の消費税率は3%から5%に上昇した。翌年の販売数は、82,861から65,470件に21%減少した。販売数が増税前の水準に回復するまでには2年かかりました。

2014年度の消費税率は再び5%から8%に上昇し、販売数は55,245から44,529件に19%減少しました。売上高は、消費前の税率引き上げレベルまで回復していません。

基本的に、前回の2つの売上高(1997年と2014年)では、販売数は約20%減少しました。

Q3:  次の消費税の引き上げが、どのような影響を与えると思いますか?

前回の消費税増により何が起こったかに基づくと、市場に出ている不動産の数や不動産価格が上昇することは間違いありません。これは、売り上げのためにリストアップされた「良い」と「悪い」の両方のプロパティの数が増えることを意味します。そのため、良い不動産を識別できることが重要になります。

同時に、価格の上昇は販売数に大きな影響を与えます。

したがって、利用可能な物件の数は増加するが、販売数が増加するかどうかは疑わしいです。

Q4:  消費税の増加は、不動産の価格にどのように影響しますか?

実際には、土地に消費税はかかりません。また、下の表を参照してください。

中古物件に関しては、消費税は適用されない場合があります。

ただし、販売費は消費税の対象となります。例えば、消費税は仲介手数料に適用されますが、これは財産の総コストに大きな影響を与えません。

購入する前に、売り手が個々の売り手か法人の売り手かを確認することをおすすめします。当該物件が新たに建造された場合及び/又は法人により売却された場合は消費税の算定を行う必要があります。

Q5:他のお得な情報もあれば教えてください。

しばしば、今が家を買うのに良い時期であるかどうか尋ねられます。実際、住宅価格はかなり高い水準にあります。しかし、同時に、住宅ローンの金利は1.0%を下回っています。さらに、政府は住宅購入を促進するために様々な対策を講じています。税金に対するモーゲージ控除は、これらの措置の1つです。これにより、ローンを使用して家を購入するときに最大400万円を差し引くことができます。住宅ローン金利は歴史的な低さにあるため、購入しようとする人は多いです。

もし家を購入することを考えているなら、あなたに合った住宅ローンを選択する余地もあるかもしれません。

 

Shinichi Kawamura, CEO of LINK K.K.


編集者メモ:

Real Estate Japan Inc.  と  LINC KK  は、不動産を日本で購入するための新しいセミナーを開催します。このセミナーでは、川村講師(上のインタビュー)とLINC KKのYasa氏が、リアルエステートジャパンのスタッフの解釈をもとに説明します。

このセミナーでは、以下を含む家を購入するための基礎について説明します。

  • 日本で不動産を買う過程
  • 外国人として資金を調達する方法
  • 税金控除および税額控除
  • 住宅購入に役立つ政府補助金
  • さらに多くのお得な情報

詳細と登録については、以下のセミナーのページをご覧ください。

不動産を日本で購入する方法(2018年12月18日開催)