日本のニュース

政府は企業の雇用助成金を拡大し、雇用維持の支援へ

日本政府は、雇用調整助成金を拡張して、新型コロナウイルスの影響を受けて従業員の雇用を維持し続ける企業を支援する予定です。これは日経新聞の報道によるものです。

これらの特別な補助金は、もともと4月に発表され、6月に導入されたもので、基本的に中小企業が休暇をとるのではなく、休職を取るために労働者に支払うものに充てられます。雇用調整助成金は新型コロナウイルスが蔓延する前から存在していたが、政府が4月初旬に緊急事態を宣言したときに増額されました。

中小企業は全国の99.7%を占めています。観光、宿泊、飲食店の各業種の企業はすでに新型コロナウイルスの蔓延により大きな打撃を受けていますが、経済のあらゆる分野で経済的影響が感じられています。

雇用調整助成金を受け取る企業は、従業員が彼らの賃金の少なくとも60パーセントを支払っている間、休職を取ることができるとされています。通常の状況では、雇用調整補助金を申請する中小企業は、賃金費用の3分の2に相当する補助金を受け取りますが、6月に実施された緊急対策により、補助金は90%にまで引き上げられ、1日あたりの従業員1人あたりの最大日額は8,330円になります。中小企業の中には、賃金の100%までの補助金を受け取る資格があり、1日の支払い額は最大で10,500円です。

この追加の補助金は9月末まで続く予定でしたが、政府は現在、これを延長する予定です。ただし、2021年以降は減額される可能性があります。

8月21日現在、政府は企業に9,941億円の雇用調整助成金を支給しているが、企業保険料の対象となる準備金は急速に枯渇しています。したがって、補助金の延長と並行して、政府は雇用調整補助金の支払いを継続するために失業保険制度から借入することを計画しています。


出典:日経新聞、2020年8月26日

リード画像:iStock