新型コロナウイルス関連ニュース

8月に一部の外国人居住者の再入国を徐々に許可:PCR検査能力の向上を模索

日本は、8月1日以降、海外からの来訪者のPCR検査能力を2倍に増やし、来月から日本に居住する外国人の再入国を徐々に許可する予定です。4月2日までに日本を出国し、新規コロナウイルスの蔓延を防ぐために実施された入国禁止により帰国できなかった外国人居住者および留学生が優先されます。

日経新聞によると、再入国のための具体的な条件と再入国が許可される人数は、空港のPCRテスト能力を拡張する能力に依存してきます。

8月1日までに、政府は国内の空港でPCR(Polymerase Chain Reaction)テストを実行する容量を1日あたり約4,000倍にする予定です。日本は9月までに成田、羽田、関西の3つの空港に「PCRセンター」を設立する予定です。これにより、検査能力は1日あたり10,000人に増加すると予想されます。

日本は4月3日から大規模な外国人の立ち入りを禁止しました。73の禁止国のリストは、7月27日の時点で146の国を対象にし徐々に拡大されています。

原則として、本籍地が日本である外国人であっても、4月3日以降に出国すると再入国できません。

6月12日日本の出入国管理局は、外国人が日本への入国禁止の対象国から来た場合でも、再入国許可を得再入国を許可さ れる例外的な事例の具体例を発表しました

Japan Todayが報じたように、日本国外居住者のコミュニティは、「特別な例外的な状況」、つまり、家族の死亡、外国人の治療など一連の基準を除いて、外国人を政府に戻すことを拒否したことで激怒しています。

上記のように、再入国条件を緩和するための本質的な課題の1つは、新型コロナウイルスの検査能力です。現在、入国禁止リストにある国から日本に入国する場合は、日本人として現在在留資格を保持している外国人、初めて日本に入国する外国人を含め、検査】を受ける必要があります。9月までに検査能力を1日あたり約10,000テストに増やす計画は、再入国手続きを合理化に導く予定です。

検査を迅速化するため、日本は唾液を用いた新たに承認された抗原検査の導入も計画しています。結果は、サンプルが収集されてから30分後に判定可能になります。現在使用されているPCRテストは粘液綿棒を必要とし、結果が出るまでに1〜2日かかります。

入国禁止令は、国外に閉じ込められた日本の外国人居住者に深刻な影響を与えました。現在、海外にある208,000人のうち、渡航禁止が発効する前に国を去った学生や熟練労働者を含む約88,000人が優先されます(出典:ジャパントゥデイ)。

入国管理局は、再入国のために優先される在留資格保持者の許可を決定する際に、入国禁止の影響を受けた産業や企業の要求も考慮するとしています。高度な専門家、医療専門家、特定技能ビザ保有者、学生ビザ保有者などは、日本社会に重要な経済的貢献をする可能性があると考えられています。

自国でのウイルスの蔓延を抑制することに成功している国や地域も、日本への再入国に優先権を持ちます。ただし、国境を越えた旅行を再開するために、日本と二国間協議中のアジア12か国(中国、韓国、台湾を含む)であっても、追加のコロナウイルス検査措置が必要になる場合があります。

タイとベトナムを往復するフライトは今月再開される予定で、14日間の検疫期間が旅行者に課されます。

4月3日以降に日本を出国した外国人、または日本に転入予定のビザを新たに取得した外国人は、日本に入国する優先度が低くなります。


Sources:


Lead photo: iStock