日本のニュース

ビジネス往来者も対象、外国人の新規入国全面停止へ

朝日新聞によると、日本政府は、新型コロナウイルスの感染力の強い変異体が確認されているかどうかに関係なく、ビジネス往来も含めて、留学生、中国や韓国など11カ国からの技術研修生の全ての新規入国を停止する検討に入っていると報告されました。このレポートは、政府関係者へのインタビューに基づいています。

これは事実上、外国人の日本へ入国の一斉阻止を意味します。日本は12月26日、12月28日深夜から1月末まで、ビジネス往来を除いて、すべての国からの外国人の新規入国を停止することを発表しました

その後、菅首相は1月4日の記者会見で、(旅行者の出身国が)ウイルスの変異型が確認された場合、日本は出張の枠組みを一時停止すると述べていました。しかし、この政策は自民党と野党の両方のメンバーから批判されました。

政府によると、この政策は、1月7日から発効する非常事態宣言の期間中、少なくともすべての特別枠組の二国間協定を一時停止するように調整されるようです。

今回の全面的な一時停止は、ビジネス往来、留学生、技能実習生の新規入国を許可する特別な二国間協定を結んでいる11カ国に適用されます。国は次のとおりです。

  • タイ、ベトナム、マレーシア、カンボジア、ラオス、ミャンマー、ブルネイ、台湾、シンガポール、韓国、中国

入国管理局によると、2020年12月14日から20日まで、中国から3,830人、ベトナムから3,390人、韓国から340人を含む数千人の移民が緩和された入国規則の下で日本への入国を許可されました。

外国人の新規入国を緩和する12月26日の発表まで、政府は徐々に入国規則を緩和していました。今回の日本への新規入国の停止は、現在在留資格を保持している日本人および外国人には適用されません。また、人道上の理由など、特別な事情がある外国人は、適宜に入国が引き続き許可されます。


出典:朝日新聞、2021年1月5日(日本語)

リード写真:iStock