日本のニュース

東京オリンピックの選手村、購入者の入居日を2024年に延期へ

読売新聞によると、東京オリンピックの延期を受けて、オリンピック後に選手村から住宅用に変更になる予定の「HARUMI FLAG(ハルミフラッグ)」の住宅購入者の入居日は、約1年遅れることになります。

今年7月24日〜8月9日の東京オリンピックは、コロナウイルスの流行により2021年夏に延期されました。

オリンピックの終了後、選手村は、開発者が商業施設や教育施設などの住宅開発エリアとして変換され、広大な13.9ヘクタールの土地にHARUMI FLAGとして再都市開発してブランディングされます。開発者には、日本を代表する不動産会社の多くが含まれています。三井不動産レジデンシャル、野村不動産、住友不動産です。

HARUMI FLAGは、14階から18階建ての23のマンションと1つの商業施設に広がる5,632戸の住居(4,145のマンションと1,487の賃貸ユニット)に12,000人を収容する新しい住宅用都市開発エリアになる予定です。開発には、造園された公園、保育施設、ショップ、その他の商業施設が含まれます。

入居予定日は2023年3月となる予定でしたが、東京都は、1年間は選手村を利用したいとのことで、ハルミフラッグの運営会社に入居時期を遅らせてほしいとの連絡をしました。

HARUMI FLAGの約940戸は既に売買契約が結ばれており、開発者は入居日の延期を購入者に通知し始めています。

読売新聞によると、ハルミフラッグで住宅を購入する契約を結んでいる人によると、契約を継続するかどうかを決定するために、今年の終わりまで猶予期間を与えられているそうです。購入をキャンセルする方には手付金を全額返金されます。

ハルミフラッグ開発は中央区にあり、都営大江戸線勝どき駅から徒歩約21分。中央区は、2023年春から翌年まで、ハルミフラッグの整備を行う小中学校の開校を延期する予定です。

Source: Mainichi newspaper, June 22, 2020

Lead photo: CGI rendering of the HARUMI FLAG development via Mitsui Fudosan


人気の関連記: