再開発ニュース

銀座のビルの屋上に空中遊歩道を開発へ

小池東京都知事は6日、中央区銀座地区の屋上を横切るKK線(東京高速道路)沿いにガーデンプロムナードを建設する計画を発表した。銀座は、日本最高の地価、多くの高級店、一流の寿司屋で知られる、東京でエキサイティングなショッピングエリアの1つです。また、東京で最も人気のある観光地の1つであり、国内外の観光客に人気があります。プロムナードのアイデアは、魅力的な公共スペースを作り出し、そのエリアへの訪問者を引き付け続けることを目的としています。

銀座の「緑化遊歩道」の概念図。画像:東京都庁

このコンセプトはニューヨーク市のハイラインパーク(写真の先頭にある写真)をモデルにしており、中央区長から小池知事に提案されました。ハイラインは、マンハッタンの西側にある旧ニューヨークセントラル鉄道の支線に作成された、2.3 km(1.45マイル)の高架線形公園、緑道、鉄道の歩道です。

銀座の空中遊歩道は、八重洲と新橋の近隣を結ぶ2 kmの高速道路であるKKラインが交差する建物の屋上に建てられます。幹線道路の下にある商業ビルとともに東京高速道路が運営しています。

東京のKKライン。出典:首都高速道路

銀座の「緑化遊歩道」の概念図。画像:東京都庁

完成まで約10年かかるが、東京都・中央区当局は、来夏の東京オリンピック・パラリンピックに向けて、東京観光の活性化のきっかけとなることを期待している。


出典:日経新聞、(日本語で)2020年6月3日、首都高速道路株式会社xtech日経(日本語)

リードの写真:Flickr経由のKārlisDambrānsによるハイラインパーク


日本にこんな建物もあります:

日本の素晴らしい緑の屋根の建物:アクロス福岡

日本一の緑化屋根の建物のガイド。私たちは文字通り、環境に配慮した緑ではなく、屋根が緑の屋根を意味します!