日本のニュース

不動産取引時の書面が電子書面で提供できるようになります

売買契約書や重要事項の説明などの不動産書類は、2022年5月18日から日本でデジタル署名および配信が許可されました。また、不動産書類の実行に印鑑は不要になります。

これは、事務処理の合理化において日本の他の業界に遅れをとっている日本の不動産業界にとって重要な変化となるでしょう。この動きはまた、不動産取引のデジタル化を加速し、オンラインでの不動産の購入、販売、賃貸をより簡単かつ安価にすることが期待されています。

デジタル文書の許可開始日は、2021年5月19日に日本のデジタル社会を促進するための一連の法律が公布された後、待望のフォローアップとして国土省によって最近発表されました。デジタル改革法には、不動産法に関連する48の改正が含まれていました。

最も重要なことの一つは、不動産書類を実行するために印鑑を使用するという要件の廃止です。文書には引き続き「署名」が必要ですが、これは電子署名の形式にすることができます。

Seals (hanko) will no longer be obligatory! Image: iStock 1271411281

もう1つの重要な変更は、不動産取引文書のデジタル配信が許可されることです。これらには、例えば、売買契約、マンション管理契約、不動産固有の合弁契約、鑑定評価書、建築家設計文書が含まれます。

重要事項の説明は、デジタル署名および配信も許可されます。これは、日本でのアパートの賃貸や物件の購入に関連する最も重要な文書の1つであり、賃貸人や購入者が物件の賃貸や購入について十分な情報に基づいて決定できるようにするために知りたい重要な情報がすべて含まれています。

不動産業者は、これらのタイプのドキュメントを電子メール、デジタルダウンロード、またはUSBメモリなどで人々に配信できるようになります。

より多くの企業がデジタル化するにつれて、オンライン契約署名と文書の電子配信は日本の不動産業界に大きな影響を与えると予想されます。

多くの企業は、オフィスへの訪問や対面での取引を減らすことを選択することが予想されます。また、海外から不動産を購入したり、入国前にアパートを借りたりする人との取引の機会も増えます。また、印紙が不要になるため、印紙税を支払う必要がなくなるため、大幅なコスト削減が見込まれます。また、ハードコピーではなくデジタル形式であるため、企業はより多くの契約をより効率的に管理できるようになります。

ただし、すべての企業がすぐにデジタル移行に切り替えたい、または切り替えることができるわけではなく、書類等をデジタルで配信するには、企業は相手方の同意を得る必要があります。


Sources:

Lead photo: iStock 1183405981


Please enable Javascript to send comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.