品川は世界の玄関となるのか?

徳川幕府が日本を外界から切り離した江戸時代、東京と京都を結ぶ東海道の最初の駅だった品川駅。今日、東京の主要な交通機関の中心地の1つとして発展し続けています。

今後10年間で、品川を日本の最新グローバルゲートウェイにすることを目標に、より大きなトランジットポイントへと発展させる開発計画があります。そして予想通り、この地域の不動産価格は上昇を続けています。

不動産価格の上昇

東京カンテイによると、品川駅近くの中古ファミリーマンションの1坪当たりの平均価格(坪単価は3.30平方メートル)は303万円でした。(2014年6月から8月)これは2012年の同期間と比較して、12.2%の増加である。実際、この地域の中古マンションの坪当たり平均価格は、過去10年間ほぼ280万円で推移していました。この地域の不動産価格と地価は2014年以来上昇し続けています。この背景には何がありますか?

新駅の建設

その最大の原因は、2014年6月3日のJR東日本の発表で、東京オリンピックに合わせて、品川駅と田町駅の間の山手線(東京を囲むループ線)に新しい駅が建設されることです。

新駅は品川駅から北へ約0.9km、田町駅から南へ約1.3kmの地点にあります。埼玉県と神奈川県を結ぶ京浜東北線も運行します。新駅は山手線の30番線となり、港区港南地区にある現在の鉄道の大部分を占めます。

しかし、JR東日本は新しい駅の建設を計画しているだけではありません。このプロジェクトは都市の活性化計画の一部です。同社は、「世界中の企業と人々との交流」のために、駅に隣接する大規模な土地(約13万平方メートル)を開発する計画を立てています。規模で言うと、東京ミッドタウン(約78,000㎡)や六本木ヒルズ(約109,000㎡)のプロジェクトよりも大規模なものになります。

羽田へのアクセスは抜群

品川駅から羽田空港まで、直通で約20分でアクセスできる泉岳寺(地下鉄駅)があります。

昨年3月、羽田空港は他の国内空港やアジアのハブ空港と競争するために国際線ターミナルへの大幅な拡大を発表しました。年間9万便だったのに3万便が追加され、ヨーロッパと北米への日中のフライト数が大幅に増えました。羽田は成田空港よりも東京の中心部に近いため、その国際的な容量の拡大により、より多くの国際便が羽田ルートを選ぶことが奨励され、これも品川地区の開発に相乗効果をもたらすでしょう。

アジアからの企業を積極的に誘致する指定特区に

2011年には、日本政府はまた、品川田町エリアを(東京の他の4つのエリアとともに)アジア本社のための特別区域として指定しました。これらのゾーンは、外資系企業を誘致してアジアの地域本部や研究開発センターをさらに誘致し、それによって東京の国際競争力を高めることを目的として設立されました。政府は、指定区域で事業を立ち上げている外資系企業に、税制上の優遇措置、規制緩和、および行政および財政支援を提供しています。

2027年のリニアモーターカー

2011年国土交通省は、最終的に東京、名古屋、大阪を結ぶリニアモーターカーの建設を許可しました。

JRは2027年に東京と名古屋の間で商業サービスを開始することを目指し、名古屋 – 大阪区間は2045年までに完成する予定です。

品川は東京の終点駅となります。現在、東京 – 名古屋間は新幹線で約100分かかります。新しいリニアモーターカーはそれを40分に短縮します。

品川が日本への国際的な玄関口になるかどうかはまだわからないが、政府や民間のさまざまな機関がこのエリアを狙っているが、これらの動きが地域の不動産価格を押し上げていることはすでに明らかでしょう。

 

人気の関連記事;

2020年、渋谷はこう変わる

日本の地価、インバウンドにより増加

住みたい街ランキング

首都圏マンション市場動向:2018年上半期

そのほかの関連記事一覧

 

Sources: Tokyo Kantei (Japanese), JR East Press ReleaseJapan TimesTokyo Metropolitan GovernmentWikipedia

Photo credit: Photo is of the Akita Shinkansen E6 Super Komachi (not the future maglev) by Jun Seita