日本のニュース

大阪圏での新築マンションの販売数が27年ぶりの低水準に

関西圏の新築マンションの販売数が27年ぶりの最低水準を記録した。2020年1月に販売された621戸の新築戸数は、1993年8月以来で最も少ない販売数でした。これは、近畿地方のマンション市場に関する不動産経済研究所(REEI)1月のレポートからの重要なポイントです。近畿とは、奈良県、和歌山県、京都府、大阪府、兵庫県、滋賀県で構成されています。

1月の販売数は、12月と比較して前年比40.5%の減少となり、12月と比較すると80.8%の減少を示しました。

要因

大阪地域の供給状況は、大都市圏の市場状況を反映しています。この記事で説明したように(東京23区の新築マンションの価格は27年ぶりに1億円超えを記録)、開発者は販売するマンションが多すぎて販売価格を押し下げる懸念に非常に慎重です。

特に、アジアからの観光客数が急増している関西地域(COVID-19ウイルスの発生前)では、建設業者はホテル開発者と労働、資材、土地をめぐって激しい競争を繰り広げています。これにより、彼らは販売価格を押し上げることを余儀なくされました。同時に、日本では金利が日銀の金融緩和により歴史的な低水準にあるため、ますます多くの人々が自分の家を買うような傾向にあります。政府はまた、2019年10月の消費税増税の影響を相殺するために、多数の税制上の優遇措置と補助金提供しています。

関西の平均販売価格

厳しい供給と政府の奨励による需要は、価格の着実な上昇を支えてきました。1月、関西地方(近畿地方とも呼ばれる)で販売された新しいマンションの平均価格は約54,000,000円(約489,000ドル)で、前年比で14.4%増加しました。これは3か月連続の増加でしたが、1平方メートルあたりの平均価格は1.4%低下しました。

契約率

ただし、関西圏の契約率は1月に66.8%に低下しました(昨年の70.2%、12月の71.0%から減少)。契約率は、販売契約数を販売契約数で割ったものです。一般的に70%の契約率が、健全な買い手市場と見なされます。

関西のマンションの平均販売価格

括弧内の数字は1平方メートルあたりの価格です。

  • 大阪市:43,530,000円(1平方メートルあたり701,000円)
  • 大阪市を除く大阪府:44,790,000円(1平方メートルあたり618,000円)
  • 神戸市:42,370,000円(1平方メートルあたり540,000円)
  • 兵庫県、神戸市を除く:48,030,000円(1平方メートルあたり656,000円)
  • 京都市:42,850,000円(1平方メートルあたり717,000円)
  • 奈良県:37,480,000円(1平方メートルあたり461,000円)
  • 滋賀県:38,220,000円(1平方メートルあたり519,000円)
  • 和歌山県:32,840,000円(1平方メートルあたり459,000円)

外国人は日本で不動産を購入できますか?

はい。国籍や出身国に関係なく、日本で不動産を購入できます。日本で不動産を購入するための居住要件もありません。居住外国人としての資金の確保はより複雑です。資金調達に関する情報については、「日本で外国人として住宅ローンを取得するための基本要件」を参照してください。

日本で外国人として不動産ローンを取得する方法は?

詳細については、こちらの記事を参照してください:  日本における外国人として不動産ローンを取得します

日本で不動産を購入するやり方は?

自宅購入ガイドをご覧ください:  日本の不動産ガイド

あなたが借りることができる金額と毎月の支払いを参照してください:  ローン計算

購入および仲介手数料に関する情報:  日本の不動産購入手数料および税金の内訳

知っておくべきこと:  日本における地震の建築基準と技術

不動産の購入と管理に関する質問に答えます

【無料の不動産鑑定】私の不動産はいくらの価値があるのか?

リアルエステートジャパンは、日本の不動産の所有者に対して無料で評価を提供します。こちらをクリックしてフォームに記入してください:  無料不動産鑑定

日本で投資不動産を売却することを検討すべき7つの状況

2020年の住宅価格に影響する主な要因とは?

不動産に関するセミナー、絶賛開催中!!!

:セミナーの現在のリストについては、当社のセミナーのページをご覧ください。

日本で家を購入する方法、  初心者のための不動産投資、  日本での永住権を申請する、  日本での売却方法、などなど他にも沢山のセミナーを開催しています。

Lead photo: iStock, Osaka skyline and Abeno Ward