新型コロナウイルス関連ニュース

東京の品川区が全住民に3万円、中学生以下は5万円支給へ

東京都品川区は6月1日、区民全員に3万円(約279ドル)の現金給付を計画しており、経済的な理由で減収に見舞われた可能性のある人を全面的に支援すると発表しました。住基登録済みの外国人住民を含め、品川区のすべての居住者が支払いの対象となります。中学生以下は2万円多い5万円が支給される予定です。

日本の国は、登録されたすべての居住者に10万円の給付金を実施していますが、品川区はそれに追加して住民への経済支援を行う数少ない自治体の1つです。

現在、品川区の人口は約40万6千人(中学生以下の子どもが約5万人)いるため、約135億5千万円の費用がかかります。

この金額は、仮称「しながわ活力応援給付金」として2020年度補正予算計画に含まれます。6月に区議会に提案され、予算が承認されれば、品川区の住民票をお持ちの方には、8月から9月にかけて郵送での応募が見込まれます。申請は、郵送でのみ受け入れられます。

区はまた、新型コロナウイルスとの戦いの最前線活躍されている、医療および福祉要員を支援するために、市民人らの寄付の窓口を設けることも計画しています。

品川区に住民票がある外国籍の方はご利用いただけます。

出典:日経新聞、2020年6月1日、品川区役所発表、2020年6月1日

リード写真:品川駅、2011年7月19日iStock経由で撮影


人気の関連記事: