日本に住む!お部屋探しでかかる費用

お得にお部屋探しがしたい!なるべく費用を抑えて借りたい人は必見です。日本でお部屋を借りる時の費用を見てみましょう。入居時、借りた後に発生する費用はあるのでしょうか?また、初期費用を安く済ませる方法はあるのでしょうか。

お部屋を借りる時の初期費用

例えば、家賃が60,000円のアパートに引っ越しする場合。

月の家賃= 60,000円

敷金(1〜2ヶ月分の家賃)= 60,000円〜120,000円

礼金(1~2ヶ月分の家賃)= 60,000~120,000円

仲介手数料(1ヶ月分の家賃+税金)= 64,800円

保証料(1ヶ月分の賃料+税金)= 64,800円

管理費= 3,000円〜5,000円

火災保険= 2万円(2年間契約の場合)

鍵交換手数料= 12,000円

その総額は、なんと!!!!¥344,600〜¥466,600

この場合、前払いで賃貸料の約5.5〜7倍である¥344,600〜¥466,600を支払う必要があります!さらには、家具や家電製品(カーテン、冷蔵庫、洗濯機など)のお金を別に用意しなければなりません。

家賃

ほとんどの場合、日本でアパートを借りるときは、月末までに翌月の家賃を支払う必要があります。月の中旬に入居すると、日数によって家賃が按分されます。また、賃貸料は、実際の入居日ではなく、リース開始日から計算されます。

敷金

関西(京都、大阪、神戸周辺の都道府県)では保証金とも呼ばれます。関東では、敷金は通常1ヶ月から2ヶ月分の賃料です。関西ではしばしば高いです。

通常、家主が敷金を保管します。退去の際に、未納額や通常の磨耗および清掃料のための修理費を支払うために使います。

東京では、敷金に関して借主と家主の間の紛争を防止するために、ガイドラインが制定されています。アパートに明確な損害を与えていない限り、家主は敷金から清掃料を差し引いて残りは返還されます。

礼金

これはあなたの家主に支払うお金であり、返金されません。関東では、お金は礼金と呼ばれ、通常は約1〜2ヶ月分の家賃です。関西でははるかに高い金額の場合もあります。

日本が都市部で急激な住宅不足を経験した急速な戦後経済成長時代の文化的習慣として説明されることが多いです。支払うことで、契約候補者の先頭に躍り出ることができます。

関西では、大阪、京都、神戸を含めて、礼金の平均が高くなる傾向があります。

関連記事:更新料について

礼金がゼロの物件も中にはあります。インターネット上でそのような物件を検索することは、初期費用を抑える一つの方法です。

仲介手数料

これはあなたの代理店に支払う手数料です。法律では、代理店があなたに請求できる最大額は、1ヶ月の家賃と消費税です。

一部の代理店は、手数料の全額または半額の家賃を免除しているところもあります。代理店が手数料を免除した不動産を検索することで、初期費用を引き下げることができます。

更新料ゼロの物件

保証料

保証人とは、支払不履行の場合の連帯保証人の事です。

すべての家主が保証人を必要とするわけではありませんが、ほぼすべての場所で必須です。保証があります。また、実際に入居したい特定のマンションがある場合は、保証人が必要ですが、申請書に共同署名する人がいれば大丈夫です。保証人を探すことができます。通常は、家族を保証人として使ういますが、外国人は、会社、同僚または学校の名前と連絡先をあなたの保証人として提供するように、不動産会社が頼むことがあります。

職場に保証人になってもらえない場合、保証会社を使用することができます。保証会社は、通常約1ヶ月分の賃料を請求します。通常、2年ごとに保証会社に更新手数料を払わなければならないので、その予算を忘れないでください。

保証会社をご利用の場合は、リース契約の一部として緊急連絡先を日本にご用意いただく必要があります。

管理費

この手数料は、建物内の共通エリア(廊下、エレベータなど)のメンテナンス費用です。時にはそれは家賃に含まれ、別料金として表示されていない場合もあります。

米国、英国、オーストラリアでは、この手数料はCAM(Common Area Maintenance)手数料として知られています。

火災保険

日本の賃貸住宅のほとんどは、最初の2年間で契約されています。また、リース契約に署名する際には、財産や火災保険に加入する必要があります。2年間の保険料は通常2万円程度ですので、リースを更新するたびに保険を更新する必要があります。

鍵交換手数料

更新料

日本の居住用アパートのほとんどは、最初の2年間で更新可能なリース契約です。

注意すべきことの1つは、賃貸契約更新の手数料は、日本では非常に一般的ですが、決まった法律による定めはありません。また地域によって金額も異なります。東京では、この手数料は通常1ヶ月の家賃です。

2年以上あなたのアパートに住みたいと思う場合は、契約書に署名してリースの更新手数料を支払う前に、不動産会社と交渉してみてください。更新手数料を支払う旨の記載のある契約に署名すると、法的に支払わなければいけません。

一般的には更新するためのお金を用意しておいてください。

初期費用を引き下げる方法

ゲストハウス

2年以下の長期滞在を計画している場合は、通常、居住用も借りれますが、ゲストハウスに滞在することで、多くの初期費用を避けることができます。「ガイジンハウス」と呼ばれることもあります。ドミトリースタイルのベッドルームにベッドがあり、バスルームとキッチンを共用しています。多くのゲストハウスは非​​常に便利な場所に位置し、電車やショッピングに便利にアクセスできます。入居費用や月額賃貸料が安く、および高い利便性がありますが、他の人との共同生活になります。

シェアハウス

ゲストハウスよりも少し高い賃貸料でよければ、シェアハウスがおすすめです。シェアハウスは共用スペースを備えたプライベートなベッドルームを提供します。シェアハウスは通常、敷金礼金を請求しません。最低リース期間は通常1年です。

礼金なしアパート

前払いの費用を節約したいが、共有住宅に滞在したくない場合は、「礼金なし」と「敷金不要」検索をしてみてください。

礼金ゼロ物件:アパートリスト

こちらもおすすめ

更新料について

お部屋のキーワード