日本で家を買う

東京の住宅価格に影響する要因は?PART2

By Jeff Wynkoop

これは、今年の東京の住宅価格に影響を与える主な要因に関する第2部の記事です。パート1はこちらパート1の記事と要約

  1. 黒田バズーカ
  2. ロケーションと物件の3つのレベル分け
  3. 駅近の重要性
  4. オリンピック効果
  5. 消費税効果

以下はこの記事で説明します。

  • 新築住宅と中古住宅
  • 中古戸建住宅の市場
  • 新築人気エリアランキング

新築住宅と中古住宅

これは、日本の住宅市場の大きな変化として代表されるもう1つのカテゴリーです。中古住宅の市場は30年前にはほとんど存在していませんでしたが、最近では中古住宅の需要が大幅に回復しています。これは、新しい住宅や場所を買う余裕のある人が少なくなっているため、新しい住宅の価格が高いことが一因です。さらに、新しい家の価格は、近い将来、購入希望者の手の届かない範囲にまでなるでしょう。東京の新築住宅と中古住宅の価格の差は約2,000万円であり、神奈川と埼玉では差額は約3,000万円です(不動産経済研究所のデータによる)。

これらすべてを考慮すると、中古住宅の市場は、新しい住宅価格とのギャップを埋め続けるでしょう。ただし、トレンドのペースは他の場所と同様にロケーションに依存します。東京の人気のある3区では、2012年に安倍首相が再び就任してから価格が60%上昇しましたが、神奈川と埼玉では20%近く跳ね返りました。一般的に、購入者は東京の価格が他の2つの県よりも堅調であることを期待しているようです。

中古戸建住宅の市場

戸建住宅の市場は、2017年から勢いを増し始めました。この傾向の理由の1つは、買い手が見つけた最善策は、最寄りの駅から少し離れた中古住宅をリフォームやリノベーションすることと、「マンション化されていない」不動産を自分好みに変更できる自由さがあると最終的に決定したことです。住宅サービス会社の供給を促進する新たな法的変更も役割を果たしたかもしれません。

新築で人気のあるエリアランキング

リクルート住まいカンパニーによる2000世帯の2019年7月のインターネット調査によると、来年(2020年)人気の出てくる地域は、都市の再開発エリアまたは2020年のオリンピックによってプラスの影響を受ける場所、 またはその両方で分けることができます。

豊洲と有明(13位)は、オリンピックにより大きな影響を受けているため、リストの上位にランクされています。実際、豊洲は、新しい都市の再開発プロジェクトと2020年オリンピックの多くの会場への近接という両方の効果の恩恵を受けているため、リストの第1位でした。また、2021年に完成予定の近くの新しい大通り(セカンドループハイウェイまたはいわゆるマッカーサーロード)もあります。

リストの2番目は品川でした。これは、地域の再開発と、2020年以降に開業予定の山手線の新駅(高輪ゲートウェイ駅)の好影響によるものです。また、羽田空港にも便利な場所にあり、今後数年間で国際便が増加することで大きなメリットが得られます。近くの田町エリアは、リストの10位にえらばれました。

月島(7位)と勝どき(9位)もリストに載りました。両方とも今後5年間でいくつかの主要な新しい住宅プロジェクトが完了する予定です。勝どきは、いくつかのオリンピック会場に近いことや、最寄りの鉄道駅の改装と拡張のためにも人気があります。ランキング結果は次のとおりです。

豊洲(#1)、品川(#2)、東京(#3)、渋谷(#4)、新宿(#5)、浅草(#6)、月島(#7)、銀座(#8)、勝どき( #9)、代々木/田町(#10)。

  1. 豊洲
  2. 品川
  3. 東京
  4. 渋谷
  5. 新宿
  6. 浅草
  7. 月島
  8. 銀座
  9. 勝どき
  10. 代々木 / 田町(同率)

人気の関連記事

東京の住宅価格に影響するもの

日本で外国人として家を買うためのガイド

Lead photo: Toyosu, stock photo